エイサー、Windows 8搭載ハイブリッドタブレット「ICONIA W510」を発売 | RBB TODAY

エイサー、Windows 8搭載ハイブリッドタブレット「ICONIA W510」を発売

IT・デジタル モバイル

「ICONIA W510/W510D」
  • 「ICONIA W510/W510D」
  • 「ICONIA W510/W510D」
  • 「ICONIA W510/W510D」
 日本エイサーは14日、Windows 8搭載タブレット「ICONIA W510/W510D」(W510Dはキーボードドックとのセットモデル)の販売を開始した。

 「ICONIA W510/W510D」は、通常時約580gの超軽量10.1インチタブレットで、キーボードドックを装着すれば約18時間のバッテリー駆動を実現するノートPCにもなり、使用シーンに応じたスタイルで利用ができる。タブレット単体でも約9時間の長時間駆動が可能。

 写真・動画・文書・お気に入りのアプリなどを、画面に5本指でタッチするだけで呼び出せるAcer独自のアプリケーション「Acer Ring」を搭載するなど、スムーズで直感的な操作が可能となっている他、インテルAtomプロセッサー Z2760 (1.5 GHz)を採用することで、「Acer Always On」「Acer Always Connect」というテクノジーも実装。これにより、スマホのようにスタンバイからの高速復帰ができたり、以前に使用していたアクセスポイントへの再接続が最速2.5秒、バッテリー接続なしで最大3週間の待機などが実現されたという。

 液晶ディスプレイは、1366x768ピクセル10.1インチワイドIPSタッチパネルを搭載。主な仕様はAtomプロセッサー Z2760 (1.5 GHz)、メモリ2GB、64GB SSD。インターフェイスは、USB 2.0、Micro HDMI、microSDカードスロット、ワイヤレスはIEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0+HSなど。本体サイズはドック非装着時が幅258.5mm×奥行164.5mm×高さ8.8mmで、重量は約580g、ドック装着時で幅258.5mm×奥行186.5mm×高さ9.9mmで、重量は約1.26kgとなっている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top