人口10万人あたりの大学数は「京都府」が最多 | RBB TODAY

人口10万人あたりの大学数は「京都府」が最多

エンタープライズ その他

「大学」の登録件数推移(2003年~2012年)
  • 「大学」の登録件数推移(2003年~2012年)
  • 人口10万人あたりの大学登録件数による都道府県ランキング(2012年)図
  • 人口10万人あたりの大学登録件数による都道府県ランキング(2012年)表
 人口10万人あたりの大学数は、1位「京都府」5.81件、2位「山梨県」5.25件、3位「石川県」4.29件の順に多いことが、タウンページの調べで明らかになった。

 同社が運営する販促・マーケティング支援サイト「TPDB.jp」の特別企画として、独自に抽出した都道府県ランキングを実施している。第19弾の今回は、業種分類「大学」に注目し、2012年における人口10万人あたりの都道府県別登録件数とランキングの分布図を作成した。

 同調査は、2007年、2009年、2011年、2012年の各4月時点で、タウンページデータベースの業種分類「大学」に登録されている件数を集計し算出。なお、業種分類「大学」中に、同一住所で同一掲載名の電話番号の登録が複数ある場合は、データ件数を1件として集計している。

 「大学」の登録件数を最近の10年で見ると、大学や学部の新設・合併が進められた影響か、増加と減少を繰り返している。2004年に減少して以降はほぼ横ばいだったが、2012年に急増し、3,275件となった。なお、タウンページデータベースの大学登録件数は、同一大学内の複数キャンパスや分校などの拠点もカウントしているため、文科省が調査した大学の数とは異なる。

 「大学」の都道府県別登録件数を人口10万人あたりで見ると、1位「京都府」5.81件、2位「山梨県」5.25件、3位「石川県」4.29件、4位「徳島県」4.23件、5位「青森県」3.67件、6位「岡山県」3.61件となっている。件数で圧倒的に多い東京都は3.55件で7位。一方、少ないのは「福島県」1.31件、「三重県」1.35件、「埼玉県」1.39件となっている。

人口10万人あたりの大学数は「京都府」が最多…タウンページ調べ

《工藤 めぐみ》

関連ニュース

特集

page top