Androidスマホ、平均ネット利用時間がPCを上回る……ニールセン調べ | RBB TODAY

Androidスマホ、平均ネット利用時間がPCを上回る……ニールセン調べ

エンタープライズ モバイルBIZ

Android OS利用者とPC利用者の月間一人あたりの利用時間
  • Android OS利用者とPC利用者の月間一人あたりの利用時間
  • Android OS利用者とPC利用者の月間一人あたりのセッション数
  • Android OS利用者とPC利用者の月間一人あたりのページビュー
 ニールセンは10日、スマートフォンの利用動向を計測しレポートする新サービス「Mobile NetView」のパイロットデータを発表した。それによると、Androidスマートフォンでの一人当たりネット利用時間が、PCでの利用時間を上回っていた。

 ニールセンでは来年より、スマートフォン利用動向データ「Mobile NetView」の日本市場導入を予定している。Androidスマートフォン利用者をパネル化し、スマートフォンに計測メーターをインストール、リアルタイムにスマートフォンの利用状況およびスマートフォンを介したインターネットの利用動向を収集しているが、今回はパイロットデータを利用した分析となっている。

 それによると、2012年9月のAndroidスマートフォン利用者の月間一人あたりのインターネット利用時間は「1,492分」。PC利用者の同期間における一人あたりのインターネット利用時間は「1,301分」で、これを190分上回っていた。またAndroidスマートフォンにおけるインターネット利用時間の内訳では、「ブラウザを介しての利用時間」が一人あたり「572分」、アプリケーションを介しての一人あたりの利用時間が「920分」となっている。

 さらに、インターネットを利用する頻度に当たる「セッション数」では、Androidスマートフォン利用者は、PC利用者よりも3.5倍も頻繁にインターネットサービスを利用していた。PC利用者の月間一人あたりのセッション数が46回であるのに対して、Android OSを搭載したスマートフォン利用者の一人あたりのセッション数は161回だった。セッション数の内訳は、アプリが105回に対して、ブラウザは56回となっており、利用時間と同様にアプリでの利用が多かった。ただし、セッションごとの平均利用時間をみるとPCは28分であるのに対し、Androidスマートフォンは9分と短めで、スマートフォンユーザーが日常行動のなかで、こまめに、かつ、頻繁にスキマ時間を使って、インターネットサービスを利用していることが伺える結果となった。

 ブラウザを利用した「ページビュー」の比較では、PC利用者が月間一人あたり2,565ページをブラウザ上に表示するのに対し、Androidスマートフォン利用者の一人あたりのページビューは1,534ページだった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top