スマホでお買い物……ローソン×ヤフーが合弁で食材宅配「スマートキッチン」 | RBB TODAY

スマホでお買い物……ローソン×ヤフーが合弁で食材宅配「スマートキッチン」

ブロードバンド ウェブ

「本格10分手料理(食材キット)」の一例:「まろやか黒酢の酢豚」798円(3人前/550g)
  • 「本格10分手料理(食材キット)」の一例:「まろやか黒酢の酢豚」798円(3人前/550g)
  • 「本格10分手料理(食材キット)」の一例:「まろやか黒酢の酢豚」798円(3人前/550g)
  • 「本格10分手料理(食材キット)」の一例:「海老とブロッコリーの塩炒め」798円(3人前/450g)
  • 「本格10分手料理(食材キット)」の一例:「海老とブロッコリーの塩炒め」798円(3人前/450g)
 ヤフーとローソンは、合弁事業会社「株式会社スマートキッチン」を6月に設立、2013年1月から食品・日用品の宅配サービス「スマートキッチン」を展開する。12年12月4日、ヤフーとローソンが発表した。

 スマートキッチン社は、Yahoo! JAPAN、ローソン両社が持つノウハウ及びインフラを活用し、日本全国に向けてインターネットによる食品・日用品の宅配サービス「スマートキッチン」を展開する。2013年1月中旬にサービス提供を開始し、3月には宅配業界で日本最大級となる2万3000点の品揃えを持ち、グランドオープンする。

 少子高齢化や少人数世帯の増加に伴い、消費者は、コンビニエンスストアやネットショッピング、スーパーなどを使い分けて、必要なものを揃えるという買い物のスタイルが広がっている。また共働き世帯の割合が過去最高の55.3%(2012年1〜6月、総務省調べ)を記録するなど、育児をしながら働く女性が増加している。こうした中、毎日の家事をできるだけ簡単に短時間で行ないたいというニーズからも、宅配サービスの利用者数が増えている。

 こうした背景のもと、スマートキッチン社は、Yahoo! JAPANの圧倒的な集客力やサイト構築・運営ノウハウと、働く女性に高く評価されている「ナチュラルローソン」を運営するローソンの商品調達力やオリジナル商品開発のノウハウを活かし、忙しいママに向けた食材宅配サービス「スマートキッチン」を展開する。

 食品や日用品などの宅配サービスにおいて日本最大級となる商品数、忙しいママのために独自開発したオリジナル商品、スマートフォンやタブレット端末から買い物できる機能をそろえ、サービスをスタートする。

 ローソンは、ネットショッピング/宅配事業の拡大に対応すべく、2013年2月5日に、スマートキッチン社の物流拠点として、プロロジスパーク座間2(神奈川県座間市)内に「ローソンEC物流センター座間」を立ち上げる。また5月には、物流プラットフォームの利便性を高めるべく、ローソンネットショッピング「ロッピー」の物流機能も同センターに集約する。スマートキッチン社は、同センターから全国に向け発送する。

「スマートキッチン」サービス概要
グランドオープン(2013年3月)時点
●取扱商品:食品、日用品、オリジナル商品(「本格10分手料理(食材キット)」など、冷蔵/冷凍あわせて約300種類。
●取扱商品点数:約2万3000点(大型スーパー並み)。2013年1月時点で約1万1000点
●入会金/月会費:無料
●宅配対応地域:全国。一部配送不能地域あり(クール便不可地域、離島など)
●宅配頻度:毎週1回(曜日と時間帯指定可能、最短前日まで注文の変更可能、不要な週はスキップ可能)
●配送料:首都圏は無料(東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城・栃木・群馬・山梨)、その他の地域は冷凍送料・地域別送料がかかる場合がある。詳細は1月に決定予定。
●決済方法:口座振替、Yahoo!ウォレット、クレジットカード
●対応デバイス:スマートフォン、タブレット端末、パソコン

合弁会社概要
●会社名:株式会社スマートキッチン
●所在地:東京都品川区大崎一丁目11番2号ゲートシティ大崎イーストタワー
●沿革:ローソンとYahoo! JAPANによる合弁事業会社
●設立:2012年6月20日
●資本金:4億9000万円
●出資比率:ローソン51%、Yahoo! JAPAN 49%
●事業概要:インターネットによる食品・日用品の定期宅配事業
●主な取締役
代表取締役:加茂正治
取締役(非):宮坂学(ヤフー株式会社代表取締役社長)
取締役(非):新浪剛史(株式会社ローソン代表取締役社長CEO)
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top