ソニー、新たな4K機器群を発表……新高画質ビデオフォーマット「XAVC」を開発 | RBB TODAY

ソニー、新たな4K機器群を発表……新高画質ビデオフォーマット「XAVC」を開発

 ソニーは14日、次世代高画質4K映像の制作環境と視聴環境構築の推進に向け、新たな4K機器・ソリューションを導入することを発表した。

エンタープライズ ハードウェア
「XAVC」ロゴ
  • 「XAVC」ロゴ
  • CineAlta 4Kカメラ「PMW-F55」
  • CineAlta 4Kカメラ「PMW-F5」
  • “SxS PRO+”『SBP-64B』(64GB)、『SBP-128B』(128GB)
  • CineAlta 4Kカメラ「PMW-F55」「PMW-F5」価格
 ソニーは14日、次世代高画質4K映像の制作環境と視聴環境構築の推進に向け、新たな4K機器・ソリューションを導入することを発表した。

 ソニーは現在、フルHDの4倍以上、水平4096×垂直2160画素の高精細、高解像度で、深みのある色再現性とスムーズな階調表現を可能とする「次世代高画質4K映像」について、CineAltaカメラ「F65」を初めとする製品群やソリューションを提供している。今回新たに、「4K制作環境構築の加速、その拡大を目指す」として、業務用から民生用まで対応する4K/HD高画質ビデオフォーマット「XAVC」を開発した。

 具体的な製品としては、「XAVC」にも対応するCineAltaカメラの新ラインアップ、「XAVC」対応の高速化プロ向けメモリカード「SxS PRO+」などを来春より発売する。

 「XAVC」は、MPEG-4 AVC/H.264を採用し、4K・60フレーム/秒の高解像度映像を、データ容量を抑えながら高画質化したフォーマット。2013年2月から発売する新たな4Kカメラから採用される。また8bitから12bitまでの映像サンプリング処理を施すことで、きめ細やかな表現や高い色再現性を実現した。

 ソニーはXAVCをオープンな技術フォーマットと定め、映像制作メーカー各社へライセンスプログラムを展開する。すでにAdobeをはじめ、Avid、ASSIMILATE、Codex、Colorfront、FilmLight、MTI Film、YoYottaなど14社がXAVCのサポートを表明している。今後、業務用市場だけでなく、民生用製品においてもサポートされる予定。

 また、4K対応CineAltaカメラシリーズとして、新開発の4Kスーパー35mmCMOSイメージセンサー(総画素数約1160万画素)を搭載し、「XAVC」「MPEG-4 SStP」「MPEG HD422」といった映像フォーマットに対応したCineAlta4Kカメラ「PMW-F55」と「PMW-F5」を、来年2月1日に発売する。あわせて「XAVC」の記録に対応した、SxS(エス・バイ・エス)メモリカード「SxS PRO+」シリーズ「SBP-64B」 (64GB)、「SBP-128B」 (128GB) を発売する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top