「EPA+」新CMで、サラサラ星人が伝えたかったメッセージとは? | RBB TODAY

「EPA+」新CMで、サラサラ星人が伝えたかったメッセージとは?

エンタメ その他

サラサラ星人
  • サラサラ星人
  • EPA+豆乳クッキー チョコレート味
  • EPA+豆乳クッキー バナナ味
 日本水産は、「EPA+(エパプラス)豆乳クッキー チョコレート味・バナナ味」の新TVCMを11月12日から開始した。

 同商品は、青魚のサラサラ成分である「EPA」を女性に、手軽に食べてほしいという思いを込めて発売。「EPA+(エパプラス)豆乳クッキー チョコレート味・バナナ味」を食べたサラサラ星人が地球人にその魅力を紹介するというCMになっている。

 CMに登場する「サラサラ星人」は、EPA210星雲に暮らしている、おしゃれが大好きな宇宙人。一説には姉妹であるとも言われ、EPA+(エパプラス)豆乳クッキーをこよなく愛し、いつもEPAを摂取している。地球人には、「サラサラ」としか聞こえないサラ語は、サラサラ星人の研究施設であるRASAの全面協力によって字幕翻訳されている。

 「EPA」とは、いわしなどの青魚に多く含まれる、オメガ3系必須脂肪酸の一種である青魚のサラサラ成分で、体内ではほとんど作ることができない。「EPA+(エパプラス)」シリーズは、毎日の食生活だけでは不足しがちなEPA・DHAを1本あたり300mg配合している。
《浦和 武蔵》

関連ニュース

特集

page top