“スマートテレビ”利用体験調査、画質以上に重視されるのは「操作性」……メーカー別総合評価1位はLG | RBB TODAY

“スマートテレビ”利用体験調査、画質以上に重視されるのは「操作性」……メーカー別総合評価1位はLG

 イードは12日、「スマートテレビ」に関する利用体験調査の結果を公開した。調査期間は10月11日~16日で、男女20代~50代以上240名を対象に、スマートテレビに関する会場調査(CLT)を実施したもの。

IT・デジタル テレビ
スマートテレビの全体評価
  • スマートテレビの全体評価
  • リモコンの操作性 1位
  • リモコンの操作性の評価
  • コンテンツに対する評価
  • 外観デザイン 1位
  • 外観デザインに対する評価
  • ホーム画面に対する評価
  • スマートテレビの認知
 イードは12日、「スマートテレビ」に関する利用体験調査の結果を公開した。調査期間は10月11日~16日で、男女20代~50代以上240名を対象に、スマートテレビに関する会場調査(CLT)を実施したもの。

 調査では、Panasonic TH-L55ET5/SONY KDL-55HX850/SHARP LC52L5/LG Electronics Japan 55LM7600の4製品を実際に使用してもらい評価した。

 まず、「スマートテレビの認知度」について聞くと「現在自宅に持っている」が0.4%、「スマートテレビとは何か知っている」が8.3%、「名前を聞いたことがある」が57.9%となり、認知度は過半数を超えていた。また「スマートテレビのイメージ」(スマートテレビと聞いたときのイメージ)を聞いてみると、「テレビ放送に加えて、インターネットにも接続することでいろいろな使い方ができる」が67.1%、「PCのように天気やニュースを検索できる」が62.1%、「スマートフォンと連動できる」が56.3%となった。

 そしてスマートテレビを実際に使用体験してもらった上で、スマートテレビに何を求めたいかを聞いたところ、もっとも多かったのが「リモコンの操作のしやすさ」で、94.6%と非常に高い数値となった。「ホーム画面の分かりやすさ・探しやすさ」85.4%、「映像のきれいさ」80.0%、「外観デザイン」74.6%、「ネットワーク機能の充実」69.6%などが続いた。操作性に関する項目が上位に挙がったのはスマートテレビならではだと言える。

 実際にリモコンを使ってホーム画面を開き、WEBサイトを見るなどの操作をしてもらった上で、操作性についての評価を聞いたところ、「リモコンのデザインが良い・持ちやすい」という項目でLGが71.7%の票を集めトップに。「リモコンの操作性が良い」でも46.3%と、2位パナソニックの20.0%に大きく差をつけて、半数近くの人がLGを1位にした。そのほか、「コンテンツの豊富さについて」「外観デザイン」などでもLGは支持されている。一方で、「ホーム画面のデザイン」で最も高い数値となったのはパナソニックの74.7%。「見たいコンテンツが探しやすい」という項目でもパナソニックは70.0%で1位となっており、主に操作面での使いやすさが高い評価につながった。ソニーは「リモコンの反応の良さ」「文字の読みやすさ」、シャープは「画面分割の使いやすさ」を評価する声が多かった。

 最終的に具体的な機種として、今回もっとも多くの支持を得たのはLGで、67.6%の人が「全体的に満足」と回答。次いでパナソニック63.5%、ソニー62.1%、シャープ52.5%の順となった。購入意向でも「購入したい」と回答した人がもっとも多かったのはLGで64.6%、次いでパナソニック60.0%、ソニー54.3%、シャープ41.7%の順となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top