UQ、次世代WiMAXサービス「WiMAX 2+(仮称)」導入へ着手 | RBB TODAY

UQ、次世代WiMAXサービス「WiMAX 2+(仮称)」導入へ着手

 UQコミュニケーションズは、30日にWiMAX ForumがWiMAX Release2.1規格を発表したことに伴い、UQ WiMAXの次世代サービス規格として、WiMAX Release2.1規格を採用する方向で検討に入ることを発表した。

ブロードバンド 回線・サービス
UQコミュニケーションズ
  • UQコミュニケーションズ
  • WiMAX 技術ロードマップ
 UQコミュニケーションズは、30日にWiMAX ForumがWiMAX Release2.1規格を発表したことに伴い、UQ WiMAXの次世代サービス規格として、WiMAX Release2.1規格を採用する方向で検討に入ることを発表した。既に整備された日本全国規模のWiMAXエリアもシームレスに利用できる次世代WiMAXサービス「WiMAX 2+(「ワイマックスツープラス」仮称)」提供の検討に着手する。

 WiMAX Release2.1規格は現在UQが採用しているWiMAX Release1.0規格を含むこれまでのWiMAX規格との親和性確保と高速化、更にはTD-LTE方式との互換性確保によるエコシステム構築を目指した規格とのこと。

 同社は現在、データ通信量の増大に伴う周波数逼迫に対し、総務省に新たな20MHz幅の周波数割当を求めており、WiMAX Release2.1をその新規周波数帯域に導入する予定だという。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top