ソニー、「ハイブリッドAF」システム採用のデジタル一眼2機種……Wi-Fi機能も搭載 | RBB TODAY

ソニー、「ハイブリッドAF」システム採用のデジタル一眼2機種……Wi-Fi機能も搭載

 ソニーは30日、新開発の「ファストハイブリッドAF」システムを採用したレンズ交換式デジタル一眼カメラ「αシリーズ」の『NEX-5R』、『NEX-6』の2機種を発表した。11月16日から販売開始する。

IT・デジタル デジカメ
新開発の「ファストハイブリッドAF」システムを採用「NEX-5R」
  • 新開発の「ファストハイブリッドAF」システムを採用「NEX-5R」
  • 「NEX-5R」はブラック、シルバー、ホワイトと3色を用意
  • 「NEX-5R」は液晶ディスプレイが180度角度調整可能
  • ダブルズームレンズキット(E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS+E 55-210mm F4.5-6.3 OSS)「NEX-5RY」
  • 「NEX-6」
  • 「NEX-6」は約235.9万ピクセルの有機ELファインダー搭載
 ソニーは30日、新開発の「ファストハイブリッドAF」システムを採用したレンズ交換式デジタル一眼カメラ「アルファシリーズ」の『NEX-5R』、『NEX-6』の2機種を発表した。11月16日から販売開始する。

 ラインナップ/予想実売価格は、本体のみの「NEX-5R」/80,000円前後、パワーズームレンズキット(E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)が付属する「NEX-5RL」/95,000円前後、ダブルズームレンズキット(E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS+E 55-210mm F4.5-6.3 OSS)「NEX-5RY」/120,000円前後。

 「NEX-6」では、本体のみの「NEX-6」/95,000円前後、パワーズームレンズキット「NEX-6L」/110,000円前後、ダブルズームレンズキット「NEX-6Y」/135,000円前後。

 「NEX-5R」、「NEX-6」ともに撮像素子はAPS-Cサイズの大型CMOSセンサーで有効1,610万画素。静止画はJPEG/RAW、動画はAVCHD 2.0(Progressive)/AVCHD/MP4に対応、外部記録メディアはメモリースティック PRO デュオ/メモリースティック PRO-HG デュオ/SD/SDHC/SDXC。

 画像処理エンジン「BIONZ」を搭載し、一眼カメラならではの階調表現、低ノイズのクリアな静止画・動画撮影を実現。レンズキットには、従来比長さ約50%、重さ約60%の薄型のパワーズームレンズを採用し、なめらかなズーム操作が可能となった。

 高速性と動体への追従性に優れている位相差検出方式AFセンサーと合焦精度が高いコントラスト検出方式AFを組み合わせた「ファストハイブリッドAF」システム採用で、フォーカスの速度と精度を両立。「ファストハイブリッドAF」とは、位相差検出方式AFでおおよそのピントを合わせ、高精度なコントラスト検出方式AFで最後の微調整を行うという技術。さらに、従来のミラーレス一眼カメラでは実現が難しかったAF追従の毎秒10コマの高速連写が可能となった。

 背面には3.0型ワイド液晶ディスプレイを搭載。タッチパネル採用で、タッチシャッターにも対応した。「NEX-5R」は180度の角度調整が可能(「NEX-6」は90度)で、自分撮りも簡単に行える。

 また、「アルファシリーズ」で初のWi-Fi(無線LAN)機能を搭載。アプリ「PlayMemories Mobile」でスマートフォンやタブレットとカメラをWi-Fi接続して、カメラ内の画像表示や転送が可能。PCにもメモリーカードを挿し替えることなく画像や映像を保存できる。

 「NEX-5R」と「NEX-6」の違いは、「NEX-5R」には内蔵ストロボとビューファインダーが非搭載。「NEX-6」には約235.9万ピクセルの有機ELファインダー「XGA OLED Tru-Finder」が搭載されている。

 本体サイズは、「NEX-5R」が幅110.8mm×高さ58.8mm×奥行38.9mm、重量が276g(バッテリーとメモリースティックPROデュオ含む)、「NEX-6」は幅119.9mm×高さ66.9mm×奥行42.6mm、重量は345g(バッテリーとメモリースティックPROデュオ含む)。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top