アラフォー女性が選ぶ、理想の「グッドナイト(王子)」は? | RBB TODAY

アラフォー女性が選ぶ、理想の「グッドナイト(王子)」は?

エンタメ その他

エリア別睡眠時間マップ
  • エリア別睡眠時間マップ
  • 睡眠満足度が高まる行動と低下する行動 上位3つ
  • 「ぐっすり眠るための行動=眠活」で、意識的に実践していること
  • 「グッドナイト(王子)」の理想像
 BIGLOBEは、アラフォー女性向けサイト「Kirei Style(キレイスタイル)」で、「『眠れぬ美女』の快眠は『お休み前30分のリラックス』と『グッドナイト(王子)』しだい!?」を公開した。

 睡眠満足度と睡眠時間について調べたところ、ふだんの睡眠に「かなり満足している」女性はわずか1割で、約6割の女性が睡眠に不満を持っていることが分かった。

 「ぐっすり眠るための行動=眠活」で、意識的に何を実践しているか調べたところ、75パーセントの女性が、睡眠の質を上げるために「眠活」をしており、「特に何もしていない」の25パーセントを上回った。「眠活」として意識的に実践しているのは、「照明を落とす」が最も多く、以下、「ゆっくり浴槽につかる」「ストレッチやヨガをする」など、「温活」や「血めぐり」を意識した行動が多くなっている。

 「寝る前の30分」の行動と、睡眠への満足度の関係をみてみると、「子供やペットの世話」をしている人や、「本を読む」人の満足度が高い傾向にあった。一方、最も満足度が低かったのは「ゲーム」という結果になっている。

 やさしく眠りに誘ってくれるような男性を「グッドナイト(王子)」と定義し、女性が思う「グッドナイト」の条件には、「寝る前に『愛してるよ』と言ってくれる」が86.5パーセントと圧倒的な差で1位。続く第2位は、「寝る前にハグしてくれる」が37.9パーセント。第3位は、「別々に寝てくれる」が27.7パーセントとなった。また、理想の「グッドナイト」を芸能人に例えるとどんな男性なのか聞いたところ、向井理が1位という結果になった。
《浦和 武蔵》

関連ニュース

特集

page top