レノボ・ジャパン、Windows 8搭載モデル発表……液晶が裏側まで回る「IdeaPad Yoga」など | RBB TODAY

レノボ・ジャパン、Windows 8搭載モデル発表……液晶が裏側まで回る「IdeaPad Yoga」など

 レノボ・ジャパンは18日、Windows 8を搭載したノートPC「IdeaPad」シリーズなど13機種を発表。液晶が裏側まで回ってタブレットになる「IdeaPad Yoga」などが加わった。10月26日より順次発売される。

IT・デジタル ノートPC
液晶が360度回転してタブレットになる「IdeaPad Yoga 13」
  • 液晶が360度回転してタブレットになる「IdeaPad Yoga 13」
  • 「IdeaPad Yoga 13」
  • 着脱可能なキーボードドック付属の「IdeaTab K3011」
  • 「IdeaPad Z500」
  • 「IdeaPad U510」
  • 「IdeaCentre A520」は-5度から90度まで角度調整が可能
  • 「IdeaCentre A520」のフラットにした場合
  • 「Lenovo C345」
 レノボ・ジャパンは18日、Windows 8を搭載したノートPC「IdeaPad」シリーズなど13機種を発表。液晶が裏側まで回ってタブレットになる「IdeaPad Yoga」などが加わった。10月26日より順次発売される。

 Windows 8搭載PCとして新たに加わったモデルと予想実売価格は以下の通り。

・IdeaPad Yoga 13 (Ultrabook) i7モデル:130,000円前後、i5モデル:120,000円前後
・IdeaTab K3011W (タブレット) 70,000円前後
・IdeaPad Z500/Z480 (ノートPC) 65,000円前後/63,000円前後
・IdeaPad U510 (Ultrabook) 70,000円前後~97,000円前後
・IdeaCentre A520 (液晶一体型デスクトップ) 未定
・Lenovo C345 (液晶一体型デスクトップ) 50,000円前後
・Lenovo H505s (デスクトップ) 35,000円前後

 また、従来モデルでWindows 8を搭載して発売するモデルは以下の通り。

・IdeaPad S300 (ノートPC) 65,000円前後
・IdeaPad U310 (Ultrabook) 80,000円前後~100,000円前後
・Lenovo G580 (ノートPC) 43,000円前後~75,000円前後
・IdeaCentre A720 (液晶一体型デスクトップ) 未定
・IdeaCentre K430 (液晶一体型デスクトップ) 未定
・Lenovo H520s (液晶一体型デスクトップ) 未定

■液晶が360度回転してタブレットになる「IdeaPad Yoga 13」

 「IdeaPad Yoga 13」は、13.3型IPS液晶パネル採用で、液晶ディスプレイがキーボード側の底面まで360度開いてタブレットPCとしても利用できるハイブリッドUltrabook。キーボードと液晶パネルを支える上下2つの軸をもったヒンジを採用することで360度の回転を実現。ノートPCや360度回転させタブレットとして使用するだけではなく、本体を持たずにテント型に立てることでマルチタッチ操作をしたり、スタンド型に立てるなど、その利用シーンに広がりを持たせている。

 Core i7-3517U(1.9GHz)/メモリ8GBとCore i5-3317U(1.7GHz)/メモリ4GBの2モデルをラインナップ。そのほかの仕様は共通で、SSD 128GB、インターフェイスはUSB 3.0×1、USB 2.0×1、ワイヤレスはIEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0、HDMI出力、SDカードスロットなどを備える。

■着脱可能なキーボードドック付属のハイブリッドPC「IdeaTab K3011」

 「IdeaTab K3011」は、キーボードが脱着可能な11.6型IPS液晶パネルを搭載したハイブリッドPC。5点マルチタッチスクリーンを採用。タブレット本体とキーボードドックには、それぞれ約8時間、合計約16時間の長時間使用が可能なバッテリーが搭載されている。

 CPUにはAtom Z2760(1.80GHz)、メモリは2GB、ストレージは32GBまたは64GB SSD。本体サイズはまだ公表されておらず、重さは667g。ワイヤレスはIEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0、インターフェースはMicroUSB、MicroHDMI、microSDスロットなど。

■水平にして利用することもできる「IdeaCentre A520」など

 15.6型ワイド液晶の「IdeaPad Z500」は、本体を厚さ約7.5mmに薄型化。重さも450g軽くなった。「IdeaPad U510」は、「U310」と姉妹製品で15インチの液晶パネルを採用したUltrabook。CPUの違いなどによって4モデルあり、U310にはなかったオプティカルドライブを内蔵している。「IdeaPad Z480」は14インチ液晶搭載のカラフルデザインのノートブックPCシリーズで10月26日から販売開始する。「IdeaCentre A520」は「A720」の姉妹製品で、23インチの一体型デスクトップPC。10点マルチタッチスクリーン採用で、角度は-5度から90度まで調整が可能。水平にして利用することもできる。「Lenovo H505s」は「H520」の姉妹製品のデスクトップPCで、静音設計が特長。「Lenovo C345」は「Lenovo C325」の後継機種となっている。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top