Amazon、日本でもいよいよ「Amazon Appstore」開設……アプリ開発者の配信受付も開始 | RBB TODAY

Amazon、日本でもいよいよ「Amazon Appstore」開設……アプリ開発者の配信受付も開始

ブロードバンド ウェブ

Amazon Appstore for Android(英語版)
  • Amazon Appstore for Android(英語版)
  • 開発者向けポータルサイト(developer.amazon.com)
 Amazon.comは4日、アプリの配信用ポータルサイト「Amazon Appstore」を日本向けにオープンすることを発表した。これにともない、世界の携帯アプリの開発者に対して、年内に日本で配信する予定のアプリの登録受付を開始した。

 「Amazon Appstore」は、KindleやPC、Android携帯やタブレット向けのアプリマーケット。すでにサービスを開始している米国・欧州のAmazon Appstoreでは、アプリを提供している他、お薦め機能、カスタマーレビュー、1-Click決済を含むAmazon同様のショッピング機能が用意されている。同ストアでは、アプリを事前に審査するとともに、問い合わせに応じるカスタマーサービスなども提供しているが、日本でも同等のサービスを提供するとみられる。

 開発者向けには、アプリの最適化や、ローカライズするためのサポートを用意する。利用には、Amazonのアプリ配信用ポータルサイトでの登録が必要。初年度の年間プログラム費用は無料。

 「昨年米国でAppstoreを開始して以来、開発者の皆様は多数のアプリを販売し、グローバルにお客様を拡大されています。開発者の皆様は、世界中のより多くのお客様に向けてアプリを提供できる機会を求めています。このようなご要望をいただき、この度、日本でアプリを配信するサポートができることを大変嬉しく思います」とAmazon Appstoreのヴァイスプレジデント、Jim Adkins氏はコメントしている。

 またヤフー 代表取締役社長 最高経営責任者の宮坂 学氏は「Amazonアプリ配信の日本での開始により、Amazonのお客様にYahoo! JAPANのアプリを直接ご紹介できることを楽しみにしています」、スクウェア・エニックス 代表取締役社長の和田 洋一氏は「ファイナルファンタジーをはじめ多くの皆様に愛されているゲームシリーズを抱えるスクウェア・エニックスにとって、Amazonを通して日本でコンテンツ配信できるようになることは、新しいお客様に我々のタイトルをお届けできるすばらしい機会となります」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top