安否情報をまとめて検索できる「J-anpi」、共同サイトの提供開始……NTTとNHKが運営 | RBB TODAY

安否情報をまとめて検索できる「J-anpi」、共同サイトの提供開始……NTTとNHKが運営

 日本電信電話(NTT)、日本放送協会(NHK)、NTTレゾナントは26日、大規模災害時に、さまざまな企業・団体が保有する各種安否情報を、まとめて検索・確認できるWeb共同サイト「J-anpi~安否情報まとめて検索~」の開設を発表した。正式オープンは10月1日。

ブロードバンド ウェブ
利用イメージ
  • 利用イメージ
  • 検索画面のイメージ
  • 検索結果画面のイメージ
 日本電信電話(NTT)、日本放送協会(NHK)、NTTレゾナントは26日、大規模災害時に、さまざまな企業・団体が保有する各種安否情報を、まとめて検索・確認できるWeb共同サイト「J-anpi~安否情報まとめて検索~」の開設を発表した。正式オープンは10月1日。

 今回、通信キャリア各社が提供する災害用伝言板の安否情報に加え、報道機関や各企業・団体が収集した安否情報もまとめて確認できる新たな共同サイト「J-anpi」(anpi.jp)を構築した。PCやスマートフォン、携帯電話などからWebブラウザを起動し、検索条件として「電話番号」または「氏名」を入力することで、通信キャリア各社が提供する災害用伝言板および報道機関、各企業・団体が提供する安否情報(テキスト情報)を対象に一括で検索し、結果をまとめて確認できる。利用料は無料。

 スタート時点では、NTT東西、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムの災害用伝言板の情報、NHK、NTT東西、日本郵便などが収集した安否に関する情報が、一括で検索できる予定。NTTとNHKが運営に加わる他、新聞社の一部も参加を検討中だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top