Googleストリートビュー、「宇宙の日」を記念し種子島宇宙センターなどJAXA施設を公開 | RBB TODAY

Googleストリートビュー、「宇宙の日」を記念し種子島宇宙センターなどJAXA施設を公開

ブロードバンド ウェブ
種子島宇宙センター大崎射場
  • 種子島宇宙センター大崎射場
  • 宇宙科学技術館
  • 日本科学未来館のジオ・コスモス
  • ストリートビューの撮影機材
 グーグルは12日、「宇宙の日」を記念して、種子島宇宙センターをはじめとする、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の各施設や日本科学未来館のストリートビューを公開した。

 種子島宇宙センターは、“世界一美しい射場”と呼ばれ、最近では宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機が、ここから打ち上げられている。また島の南端に、宇宙科学技術館が位置している。ここでは、内部の展示室から、すぐ近くの総合司令棟内のコントロールルームまでのぞいてみることができる。また実際の打ち上げが行われる大崎射場も観ることが可能。

 JAXAの施設では、種子島宇宙センターに加え、筑波宇宙センター、相模原キャンパス、調布航空宇宙センター、地球観測センター、臼田宇宙空間観測所、内之浦空間観測所がストリートビュー観覧可能だ。

 また同日より、日本科学未来館内のストリートビューも公開。美しいジオ・コスモス(地球儀)や、展示室内を歩いたり、 国際宇宙ステーションの模型を見ることができる。

 JAXAの寺田弘慈広報部長は「全国に点在するJAXAの施設には、年間45万人を超える一般の見学者が訪れています。ストリートビューによって、世界中の人が場所や時間の制約なくJAXA施設に訪れていただくことができるようになりました。インターネットと宇宙航空技術の融合により、さらに空間と時間の制約がなくなり、宇宙が身近に、そして使える宇宙となる無限の可能性を感じます」とのコメントを寄せている。

 なおGoogleでは、ストリートビューの撮影機材を、10月28日~11月29日の期間(一部休業)、日本科学未来館に展示する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top