見た目はデジカメでも中身はiPhone? デジカメ型デザインのケース | RBB TODAY

見た目はデジカメでも中身はiPhone? デジカメ型デザインのケース

 山陽トランスポートは17日、同社直販サイトにて、カメラ型デザインのiPhoneケース「EEA-YW0749」を販売開始した。価格は680円。

IT・デジタル フォトレポート
ストラップを使い首下げするイメージ(iPhoneは別売)
  • ストラップを使い首下げするイメージ(iPhoneは別売)
  • カメラ型デザインのiPhoneケース「EEA-YW0749」(iPhoneは別売)
  • ケースに装着したままiPhoneの操作が可能(iPhoneは別売)
  • 取り付けるイメージ(iPhoneは別売)
  • スタンドとしても利用できるイメージ
 山陽トランスポートは17日、同社直販サイトにて、デジカメ型デザインのiPhoneケース「EEA-YW0749」を販売開始した。価格は680円。

 同製品は、デジカメ型のデザインをしたiPhone 4S/4用ケース。iPhoneを装着すると、iPhoneのディスプレイがそのままデジカメの画面のように位置する。

 ケースに装着した状態でiPhoneのディスプレイ操作はもちろんカメラ機能や音量調整などの操作が可能。ケースのシャッターボタンやレンズはあくまでデザイン上のダミーとなっているが、グリップが握りやすく、iPhoneのカメラ機能で撮影するができる。

 横向きの状態でレンズ部を引き出せばスタンドとして機能し、iPhoneのディスプレイを見やすく立てかけることが可能。付属のストラップを使い首からぶら下げて携帯することもできる。

 ケースの内側は、iPhoneを傷つけないフェルト生地を採用。本体サイズは幅120×高さ64×奥行き25mm、重さは60g。付属品はストラップなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top