米ブロードコム、スマホ&タブレット向けコンボチップを発表 | RBB TODAY

米ブロードコム、スマホ&タブレット向けコンボチップを発表

ブロードバンド テクノロジー

ブロードコム
  • ブロードコム
 米ブロードコムは27日、スマートフォン&タブレット向けのチップとして、4G LTE携帯およびワイヤレス接続の両方に対応する第5世代WiFi対応コンボチップ「BCM4335」を発表した。

 無線干渉を緩和する無線共存アルゴリズムやバッテリー寿命を延長する「スリープ・モード」機能、パワーが集中するタスクをホストプロセッサからオフロードするプロセシング能力を備える。

 また、BCM4335はBluetooth 4.0、FM無線、ソフトウェアを単一シリコンダイに集積。プロセスルールは40nmで、電力効率を向上を図っている。またTurboQAM技術によって、2.4GHz帯で最高のデータレートの256-QAM変調方式を導入し、5G WiFi 対応デバイス間での通信時に、802.11nに比べてスループットを10%向上するとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top