NEC、「スマートデバイス活用ソリューション」のグローバル展開を開始 | RBB TODAY

NEC、「スマートデバイス活用ソリューション」のグローバル展開を開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「スマートデバイス活用ソリューション」の利用シーン
  • 「スマートデバイス活用ソリューション」の利用シーン
  • Mobile Sales Force Automationの概要
 日本電気(NEC)は26日、スマートフォンやタブレット端末などの「スマートデバイス」を活用し、営業力強化、業務効率化、コスト削減などを実現するソリューションをグローバル展開することを発表した。

 第一弾として、アジア地域を中心に、現地の商習慣や顧客ニーズに基づき開発したモバイル営業支援システムや在庫管理システムなど、4つのソリューションを販売する。また、2013年度からは、これらのソリューションをクラウドサービスで提供する。

 今回発売されるのは、「Mobile Sales Force Automation(モバイル営業支援システム)」「Inventory Tracking System(在庫管理システム)」「Customer Management(顧客管理システム)」「SMS Notification(集荷依頼システム)」の4つ。Mobile Sales Force Automationでは、客先など外出先で営業実績データ等をスマートデバイスに入力することで、これまで手書き作業だった営業管理業務を効率化する。Inventory Tracking Systemでは、メーカーの営業担当者が販売店において、スマートデバイスを活用し各商品の売価や在庫状況を入力することで、メーカー本部で各販売店の状況を一元的に把握できる。Customer Managementでは、カタログなどセールスツールをタブレット端末に表示したり、顧客の購買履歴に基づき、その顧客に合わせた新規提案をどの店舗でも可能とするなど、スマートデバイスを活用し情報の管理・共有を実現する。SMS Notificationでは、顧客からの電話での荷物引取り依頼を、自動的にドライバーのスマートデバイスにSMSで知らせ、集荷をタイムリーに行う仕組みを提供する。

 NECは今後、設備点検、資産管理、市場調査、金融商品の信用調査でのスマートデバイス活用など、順次ソリューションのメニューを拡充していく方針だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top