F1小林可夢偉が自己最高の4位も「残念ながら4位」と“無念”のメッセージ | RBB TODAY

F1小林可夢偉が自己最高の4位も「残念ながら4位」と“無念”のメッセージ

エンタメ スポーツ

F1GP第10戦ドイツGPで自己最高の4位に入った小林可夢偉が“無念の”メッセージ
  • F1GP第10戦ドイツGPで自己最高の4位に入った小林可夢偉が“無念の”メッセージ
  • “福の神”吉本大樹も動画に登場
 F1GP第10戦ドイツGPで自己最高の4位に入った日本人ドライバー小林可夢偉が、自身の公式HPに動画メッセージを公開。「残念ながら4位」と表彰台への意欲を示した。

 ドイツGPは22日にドイツ・ホッケンハイムサーキットで開催。ポールポジションのF・アロンソ(フェラーリ)が終始リードを保ってトップチェッカー、今季3勝目を挙げ、ドライバーズランキングも1位をキープした。2位にはJ・バトン(マクラーレン)、3位にはK・ライコネンが入った。

 小林は12番グリッドからスタート。アグレッシブなレースを展開した上にピット作戦などが功を奏し、5位でゴールした。しかしレース後に2位でゴールしたS・ベッテルが20秒ペナルティーで降格。小林は自己最高の4位となった。

 これを受け、小林はビデオメッセージを公開。「予選は悪かったが、レースペースがよかった」としたが、「“残念ながら”4位」とあと一歩と迫った表彰台を逃したことに、無念を滲ませた。ビデオには観戦に来ていた吉本大樹も登場。可夢偉にとって吉本は“福の神”のようで、「なんで(成績が)よかったかというと」という言葉とともに吉本を紹介。吉本も「毎回、俺来たほうがええんちゃう」とリラックスしたムードの中でのメッセージとなっている。

《関口賢》

関連ニュース

特集

page top