バッファロー、テレビやパソコンへ無線LAN機能を追加できるLAN端子用ユニット | RBB TODAY

バッファロー、テレビやパソコンへ無線LAN機能を追加できるLAN端子用ユニット

IT・デジタル 周辺機器

「エアステーション 11n/a/g/b 300Mbps 簡単無線LAN子機」(型番:WLI-UTX-AG300/C)
  • 「エアステーション 11n/a/g/b 300Mbps 簡単無線LAN子機」(型番:WLI-UTX-AG300/C)
  • 側面
  • ノートPCへの取り付けイメージ
  • デスクトップPCへの取り付けイメージ
  • 「AOSS」と「WPS」に対応するボタンを備える
 バッファローは、パソコンや液晶テレビなどに取り付けることで無線LAN機能を追加できる「エアステーション 11n/a/g/b 300Mbps 簡単無線LAN子機」(型番:WLI-UTX-AG300/C)を発表した。販売開始は8月上旬。希望小売価格は4,935円。

 同製品はノートPC/デスクトップPCやテレビ、ゲーム機などのLANポートとUSBポートへ接続することで無線LAN機能を追加することができるLAN端子用無線LANユニット。ボタンを押すことで無線LAN親機と接続可能な「AOSS」と「WPS」の両方に対応している。

 ワイヤレス規格は802.11a/b/g/nに対応し、データ転送速度は最大で300Mbps。電源はUSBバスパワーを採用し、ACアダプタなどは不要で利用できる。また、miniUSBポートにも接続できるように、変換用の「フレキシブルUSBケーブル」を付属する。

 対応OSはWindows 7(64/32ビット版)/Vista(64/32ビット版)/XP(MCEを含む)/2000、Mac OS 10.4~10.7。本体サイズは幅136×高さ37×奥行き26mm、重さは50g。付属品はLANケーブルなど。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top