ティアック、音質と画質にこだわるライブ撮影向けリニアPCM・HDビデオレコーダー……自分撮りも | RBB TODAY

ティアック、音質と画質にこだわるライブ撮影向けリニアPCM・HDビデオレコーダー……自分撮りも

 ティアックは、「TASCAM(タスカム)」ブランドで新たにリニアPCM/HDビデオレコーダー「DR-V1HD」を発表した。販売開始は8月下旬。価格はオープンで、予想実売価格は30000円前後。

IT・デジタル その他
「DR-V1HD」
  • 「DR-V1HD」
  • 背面
  • 側面
  • 側面
 ティアックは、「TASCAM(タスカム)」ブランドで新たにリニアPCM/HDビデオレコーダー「DR-V1HD」を発表した。販売開始は8月下旬。価格はオープンで、予想実売価格は30,000円前後。

 同製品は、解像度1,280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影に対応するリニアPCM/HDビデオレコーダー。録音専門機と同等の単一指向性マイクユニットやアナログ回路を搭載し、音楽ライブの録音・撮影など高音質・高画質の動画記録に対応するという。撮影済みの動画の音声を、再度録音して差し替えることができるアフターレック機能も備えた。

 2.4型液晶ディスプレイを搭載し、ディスプレイで確認しながらの撮影はもちろん撮影後の映像確認も可能。通常のリニアPCMレコーダーとして利用する「録音モード」や動画撮影の「動画モード」のほか、「静止画撮影モード」も搭載。1~10秒間隔の静止画スライドショーも可能で、HDMIミニ出力でテレビで動画/静止画/音声の再生が楽しめる。

 さらに大きな特長として、カメラレンズとマイクは180度回転可能なバリアングル機構を採用。液晶ディスプレイで確認しながら撮影時のアングルを調整できることに加え、液晶ディスプレイを見ながらの自分撮りも可能となっている。また、専用レバーにより4倍デジタルズームに対応する。

 対応OSはWindows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.2以降。記録メディアは最大32GBのmicroSD/SDHCカード、記録形式は動画がMOV、音声がWAV(44.1k/48k/96kHz、16/24ビットのリニアPCM対応)、静止画がJPEG。インターフェースはHDMIミニ/USBミニ/3.5mmステレオミニなど。

 モニターしやすい15mW×2ヘッドホンアンプを搭載。バッテリは単3形乾電池3本で、本体サイズは幅70×高さ131×奥行き28mm、重さは157g(バッテリ除く)。付属品はmicroSDカード(2GB)/USBミニケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top