体験版ソフトの不正使用、700万円で和解が成立……職業訓練の授業で使用 | RBB TODAY

体験版ソフトの不正使用、700万円で和解が成立……職業訓練の授業で使用

ブロードバンド セキュリティ

アドビシステムズでは複数製品の体験版を提供している
  • アドビシステムズでは複数製品の体験版を提供している
 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は18日、職業訓練の実施機関について、体験版の不正使用により700万円で和解が成立した事例を公表した。

 この事例では、職業訓練の実施機関が、Webデザイン等を目的としたソフトウェアの使用方法を学ぶ授業を実施するにあたり、アドビシステムズから正規ライセンスを購入するのではなく、同社ソフトウェアの体験版を継続使用していたというもの。

 このソフトウェアの体験版は、「ソフトウェアを購入するか否かを判断するための評価やデモンストレーションのためにのみ使用すること」を条件として無償で提供されていた。商業目的に使用することは禁止されており、体験版によって授業を行うといったことはできない。そのため、会員企業と職業訓練の実施機関との間で和解交渉を続けていたが、損害賠償金を支払うことなどを内容とする和解が7月5日に成立した。

 この問題は、ACCS不正コピー情報窓口に寄せられた情報に基づき、会員企業が代理人弁護士を通して対応したところ、発覚したとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top