ニューヨーク市、公衆電話を利用し公共無線LANを整備 | RBB TODAY

ニューヨーク市、公衆電話を利用し公共無線LANを整備

ブロードバンド 回線・サービス

ニューヨーク市情報技術&通信局の公式ホームページ
  • ニューヨーク市情報技術&通信局の公式ホームページ
  • ニューヨーク市のリリース
 米国ニューヨーク市は11日(現地時間)、無料で市民や観光客が利用できる公衆無線LAN(Wi-Fi)を整備すると発表した。

 この公衆無線LANは既存の公衆電話を利用して設置され、半径100~200フィート(30~60メートル)で利用できる。マンハッタン、クイーンズ、ブルックリン、ブロンクス、スタテン島の5つの地区でパイロットプログラムとしてスタートする。

 ニューヨーク市はすでにすべての図書館や40以上の公園などの公共スペースで無料の公衆無線LANを提供している。しかし市民からはさらに公衆無線LANの整備を求める声が大きく、路上でも利用できるように今回の計画が実施されることになった。

 この計画を実行するために、ニューヨーク市は公衆電話プロバイダのタイタン、およびヴァンワグナーコミュニケーションズと提携。1ヵ所の無線LANスポットを整備するのに2,000ドルのコストがかかるが、ニューヨーク市はこれを負担していないとしている。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top