「Google Play Music」、広告挿入型の無料音楽配信サービスを米国で開始 | RBB TODAY

「Google Play Music」、広告挿入型の無料音楽配信サービスを米国で開始

ブロードバンド その他

「Brand New Music(新曲)」「Driving(運転中)」などのアクティビティでプレイリストを選択可能
  • 「Brand New Music(新曲)」「Driving(運転中)」などのアクティビティでプレイリストを選択可能
  • 「ジャンル」、「年代」、「アクティビティ」、「雰囲気」などで検索もできる
 Googleは23日(現地時間)、音楽配信サービス「Google Play Music」において広告挿入型のラジオプレイリストを米国で提供開始した。利用料は無料。「練習中」「ドライブ中」などでプレイリストを選択できる。

 「Google Play Music」は月額9.99ドルで聴き放題のサービスを行っているが、この有料サービスでは自分の聴きたい曲をオンデマンドで選べるが、こちらはプレイリストを選ぶだけで個々の曲は選択できない。Appleが米国などで提供しているiTunes Radioと同じようなサービスといえる。

 プレイリストには、「Brand New Music(新曲)」「Driving(運転中)」「Working Out(練習中)」「Boosting Your Energy(元気づけ)」「Having Friends Over(友達を呼んだ)」などを用意。「ジャンル」、「年代」、「アクティビティ」、「雰囲気」で検索も行える。

 このほか、同サービスでは自分のもつ楽曲50,000曲をクラウドに保存できる機能を備える。有料サービスユーザーは、広告をスキップすることが可能だ。

 米国では、まずweb版が23日からサービス開始。今週中にAndroidとiOSアプリをリリースするとしている。なお、現時点では日本からは同サービスを利用できない。

《関口賢》

関連ニュース

特集

page top