シャープ、電子書籍の配信ソリューション「book-in-the-box」を発表 | RBB TODAY

シャープ、電子書籍の配信ソリューション「book-in-the-box」を発表

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「book-in-the-box」ソリューションイメージ
  • 「book-in-the-box」ソリューションイメージ
  • 閲覧ソフトのイメージ
  • 従来ソリューションとの比較
  • 「book-in-the-box」仕様
 シャープは29日、電子書籍の配信ソリューション「book-in-the-box(ブック イン ザ ボックス)」を発表した。スマートフォン、タブレット向けに展開している電子書店事業者向けに、7月より電子書籍取次などを通して提供を開始する。

 スマートフォンなどの携帯端末向けの電子書籍事業は、著作権管理(DRM)技術の開発が負担となり、事業者が限られていた。また、独自に閲覧ソフトを提供している電子書店サイトが多く、異なる書店サイトから購入した書籍を共通のソフトで閲覧・管理することは基本的に不可能だった。「book-in-the-box」は、「XMDF」「.book(ドットブック)」「EPUBコミック(Open Manga Format)」に対応し、改ざん防止の強固な暗号化処理機能や閲覧期間を管理する機能などを備えているとのこと。「book-in-the-box」では、DRM技術と閲覧ソフトをセットで提供する。「白泉社e-コミックス」(キャラウェブ)がすでに採用を予定している。

 閲覧ソフトは、7月4日からGoogle Playで一般ユーザー向けに無償提供を開始する。これによりユーザーは、「book-in-the-box」を採用したさまざまな書店サイトから購入した電子書籍が閲覧できる他、画面上に表示される書棚に並べて一元管理することが可能。 対応端末は、2.2以降のスマートフォンやタブレットなど。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top