NTTドコモ、法人向けに「通話録音サービス」を提供開始 | RBB TODAY

NTTドコモ、法人向けに「通話録音サービス」を提供開始

 NTTドコモは28日、携帯電話やスマートフォンの通話の内容をドコモのネットワークにて自動録音する法人向けサービス「通話録音サービス」を発表した。7月より提供を開始する。

エンタープライズ モバイルBIZ
サービス概要
  • サービス概要
  • 料金
 NTTドコモは28日、携帯電話やスマートフォンの通話の内容をドコモのネットワークにて自動録音する法人向けサービス「通話録音サービス」を発表した。7月より提供を開始する。

 「通話録音サービス」は、携帯電話やスマートフォンでの通話の内容を、ドコモのネットワークにて自動録音し、録音内容を音声ファイルとして指定されたサーバ等に送信するサービス。契約している携帯電話やスマートフォン、その通話相手の双方に「通話の内容を録音する」旨のガイダンスが10秒程度流れ、その後通話が可能となり、録音が開始される。音声ファイルはWAVE形式(拡張子は「.wav」)で送信される。

 通話内容等を証跡として保存したい企業、通話内容をサービス品質向上のために活用したい企業などを想定している。なお、作成された音声ファイルは、ドコモに保管はされないため、ユーザー側にて音声ファイルを格納する環境、およびドコモへのアクセス回線を事前に準備する必要がある。

 初期費用が登録手数料3,150円/グループ、アクセス回線登録料が0円~31,500円/接続。月額費用が通話録音機能使用料525円/回線、グループ利用料525円/グループ、アクセス回線接続プラン0円~103,950円/接続となる。FOMA、Xi(クロッシィ)の総合利用プランが対象。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top