NTT Com、スマホ端末でも利用できるハイビジョン画質のビデオ会議を提供開始 | RBB TODAY

NTT Com、スマホ端末でも利用できるハイビジョン画質のビデオ会議を提供開始

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は28日、ハイビジョン画質(最大720p)での映像コミュニケーションが可能な「Arcstarユニファイド・コミュニケーション・サービスVideo Conferencing(ビデオ会議)」の提供を開始した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
本サービスの利用シーン
  • 本サービスの利用シーン
  • サービス利用形態
  • 料金
  • 主な画面レイアウトパターン
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は28日、ハイビジョン画質(最大720p)での映像コミュニケーションが可能な「Arcstarユニファイド・コミュニケーション・サービスVideo Conferencing(ビデオ会議)」の提供を開始した。

 パソコンをはじめ、iOSおよびAndroid搭載のスマートフォン、タブレット端末での利用に対応。出張先からの会議参加、遠隔からの店舗管理や医療相談、コンサルティング、製造現場の技術指導など、幅広い利用シーンを想定した製品とのこと。パソコンからの資料共有も可能だ。またサービスはクラウド型で提供されるため、専用の設備や端末は不要となっている。。インターネットに接続して専用のサイトにログインするだけで簡単に利用が開始できる。既存のTV会議システム(H.323)との相互接続にも2012年12月を目途に対応していく予定。

 初期費用は基本費用(新規)が52,500円(単位:一式)、ユーザーID登録が1,050円(単位:ID)。月額費用は、基本メニューのユーザーIDが3,780円(単位:ID)。個別メニューの5人会議室が18,900円(単位:室)、10人会議室が28,350円、20人会議室が44,100円。

 なお本サービスの提供にともない、同社のソフトウェア型TV会議システム「ワープビジョンサービス」は、2013年3月31日をもって提供を終了する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top