マイクロソフトがWindows Phone 8を発表、Windows 8と共通コア | RBB TODAY

マイクロソフトがWindows Phone 8を発表、Windows 8と共通コア

 米マイクロソフトは20日(現地時間)、スマートフォンプラットフォーム「Windows Phone 8」を発表した。ソフトウエア開発キットであるSDKを夏ごろに配布し、搭載端末は今年後半に出荷予定。

エンタープライズ モバイルBIZ
Windows Phone 8
  • Windows Phone 8
  • Windows Phone 8
  • Windows Phone 8
  • Windows Phone 8
  • Windows Phone 8
  • Windows Phone 8
 米マイクロソフトは20日(現地時間)、スマートフォンプラットフォーム「Windows Phone 8」を発表した。ソフトウエア開発キットであるSDKを夏ごろに配布し、搭載端末は今年後半に出荷予定。

 Windows Phone 8の最大の特徴は、PC用のOSであるWindow s 8と共通のコアを採用していること。そのためマルチコアCPU、高解像度画面、大容量ストレージなどハイスペックなハードウエアへの対応が万全となっており、ネットワークセキュリティ、メディア再生、ブラウザ、ファイルシステムなどはWindows 8と共通となっている。アプリなどの開発もクロスプラットフォームのため容易になる。

 マルチコアサポートは理論上64コアまでサポートでき、画面解像度は1280×768と1280×720を新たにサポートする。アプリのマルチコア対応となるため、カーナビをバックグラウンドで動作させるといったことも可能になる。また、VoIPがWindows Phone 8に統合されるため、電話もインターネット通話も同じインターフェースから利用できる。

 決済機能の「Wallet」も採用される。クレジットカードやデビットカードによる決済が可能となり、これを活用するための短距離無線通信「NFC」もサポート。さらに、NFC搭載端末間で連絡先や写真の受け渡しができる。

 搭載端末はノキア、Huawei、サムスン、HTCなどから発売されるという。Android端末で圧倒的なシェアを持つサムスンから強力な製品が発売されれば、スマートフォン市場に大きなインパクトを与える可能性がある。

 なお、現行モデルのWindows Phone 7/7.5をWindows Phone 8にアップグレードすることはできない。その代わりに、改良版であるWindows 7.8が提供されるという。

《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top