NEC、「スマートデバイス活用ソリューション」を体系化 | RBB TODAY

NEC、「スマートデバイス活用ソリューション」を体系化

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

スマートデバイス活用ソリューション体系図
  • スマートデバイス活用ソリューション体系図
  • ソリューションのリスト(代表例)
 日本電気(NEC)は15日、「スマートデバイス」を業務で活用する際に、端末から通信環境、サービス基盤、業種・業務アプリケーションまでを一貫して提供する「スマートデバイス活用ソリューション」を体系化し、販売することを発表した。

 「スマートデバイス活用ソリューション」では、スマートフォンやタブレット端末などの「スマートデバイス」について、保守・点検や介護といったフィールド業務を効率化するソリューション、店舗での説明・商談・見積・手配などの顧客対応をスムーズに行い顧客満足度の向上を図るソリューション、営業担当者の訪問予定の管理・顧客情報の照会・基幹システムと連携した受発注処理などの業務を外出先で実現するソリューションなど、NECの業種・業務対応力を活かしたアプリケーションやサービスを提供する。

 具体的には商品カタログや業務マニュアル、電子書籍など各種デジタルコンテンツの管理・配信を効率化するクラウドサービス「Contents Director」や、場所を選ばずにペーパーレス会議・資料共有が可能な「ConforMeeting」、企業の既存業務システムと連携し外出先からの承認業務のスピードアップを図るワークフローシステム「EXPLANNER/FL」などを提供する。またクラウド型MDM(Mobile Device Management)サービス「スマートデバイス管理サービス」により、管理部門の負担を軽減する。また、企業内のLAN/無線LANの環境と3G/WiMAX/LTEなどモバイル通信環境とのシームレスな接続を実現するソリューションや、MVNOサービスなども用意する。Android 、Windows、iOSなどOSを問わず、企業のワークスタイルに合わせた最適な端末の調達から導入、保守、ヘルプデスクまでも行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top