パナソニック、番組をワイヤレス視聴できる液晶セットのHDDレコーダー「DIGA+」発表! | RBB TODAY

パナソニック、番組をワイヤレス視聴できる液晶セットのHDDレコーダー「DIGA+」発表!

IT・デジタル レコーダー

HDDレコーダーの「UN-JS100」
  • HDDレコーダーの「UN-JS100」
  • 19型液晶「UN-JD19T1」
  • 防水仕様の10型液晶「UN-JD10T1」
  • 付属のリモコン
 パナソニックは4日、ワイヤレス接続の液晶ディスプレイがセットのHDDレコーダー「DIGA+(ディーガプラス)」を発表した。価格はオープン。

 販売開始日/予想実売価格は、HDDレコーダーの「UN-JS100」に19型液晶ディスプレイ「UN-JD19T1」がセットの「UN-JD19T1-K」が7月25日/100,000円前後、10型液晶「UN-JD10T1」とセットの「UN-JD10T1-K」が6月25日80,000円前後。

 同製品は、HDDレコーダーとWi-Fi接続できる液晶ディスプレイとのセット。「お部屋ジャンプリンク」をワイヤレスで利用でき、録画番組や放送中の番組をレコーダーからWi-Fi経由で受信し、視聴することができる。レコーダーには320GB HDDを内蔵し、番組録画用と放送転送機能用に1チューナーずつ計2チューナーを搭載する。

 セットとなる液晶ディスプレイにはタッチパネルを採用で、バッテリを内蔵し、家中のさまざまな部屋・場所に持ち運び利用可能。19型「UN-JD19T1」は約3.8kgで取って付きとなっておりプライベートテレビ向き。10型「UN-JD10T1」はIS保護等級IPX6/IPX7相当の防水性能を備え、バスルームやキッチンなど水まわりでの使用に対応する。

 そのほかの特長として、USB外付けHDDを接続し、内蔵HDDからの番組録画が可能(USB外付けHDDへの番組録画は非対応)。HDDレコーダー「UN-JS100」はAC電源内蔵HDDレコーダーとして世界最小・最薄の省スペースコンパクトデザインをうたい(6月4日現在、同社調べ)、320GB HDDの録画時間の目安が最大約435時間。Wi-Fi接続や「お部屋ジャンプリンク」の設定は、電源を入れて2ステップで簡単に行なえるという。

 おもな仕様として、HDDレコーダー「UN-JS100」は、インターフェースがHDMI/USB2.0など、突起部含む本体サイズが幅169×高さ33×奥行き169mm、重さが約800g。

 19型液晶「UN-JD19T1」は、スピーカーが2W×2、インターフェースが3.5mmステレオミニなど、バッテリの連続駆動時間が約5時間45分、本体サイズが幅466.6×高さ290.2×奥行き23.8mm。付属品はHDDレコーダー用リモコン/アンテナケーブル/電源コードなど。

 10型液晶「UN-JD10T1」は、スピーカーが300mW×2、インターフェースが3.5mmステレオミニなど、バッテリの連続駆動時間が約4時間15分、本体サイズが幅275×高さ184.5×奥行き15.5mm、重さが約820g。付属品はHDDレコーダー用リモコン/アンテナケーブル/電源コード/充電スタンド/吸盤スタンドなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top