日本一の展望台は高さ13メートル!? 満足度ランキング | RBB TODAY

日本一の展望台は高さ13メートル!? 満足度ランキング

エンタメ 調査

1位:清水寺(京都府京都市)
  • 1位:清水寺(京都府京都市)
  • 2位:東京タワー(東京都港区)
  • 3位:大倉山展望台(北海道札幌市)
  • 行ってよかった日本の展望スポットトップ20(トリップアドバイザー)
 世界最大の旅行クチコミサイト「TripAdvisor」の日本法人であるトリップアドバイザーは、過去2年間に投稿された日本語の口コミでの評価をもとに「行ってよかった日本の展望スポット」トップ20を発表した。

 口コミで最も評価の高かった展望スポットには、高さ13メートルの京都、清水寺(清水の舞台)が選ばれた。なお東京スカイツリーについては、展望台に登った旅行者からの口コミは数件に留まっていることから、ランキング対象外とした。

 ランキング1位には高さ13メートルの「清水の舞台」で知られる清水寺(京都市)が、2位には高さ250メートルに特別展望台がある東京タワー(港区)が、3位には134メートル(標高差)の大倉山ジャンプ競技場に併設されている大倉山展望台(札幌市)が選ばれた。

 トップ20のうち、最も高いのは横浜ランドマークタワー(横浜市)の273メートル、最も低いのはなごみの塔(沖縄県竹富島)の4.5メートルだった。

 1位の清水寺には、「舞台に上がると、人が多く訪れるのも納得の景色」「この舞台が釘を使わずに組まれているのにはおどろき」など、上からの展望だけでなく下から眺める構造にもコメントが寄せられた。2位の東京タワーには、東京スカイツリーに高さ日本一を奪われたものの、長らく東京のシンボルだったことに対する感謝や励ましともとれる口コミが見られた。

 このランキングは、2010年5月〜12年4月の2年間に投稿された展望スポット(=地上より高い建物に設置された展望を楽しめる施設。山頂や岬の展望ポイントは除外)に対する日本語の口コミを、星評価(5段階)の平均、口コミの投稿数などをもとに、トリップアドバイザーが独自のアルゴリズムで集計した。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top