パナソニック、ロンドンオリンピックに過去最大の機器納入……HDレコーダー約300台、TV約12,000台など | RBB TODAY

パナソニック、ロンドンオリンピックに過去最大の機器納入……HDレコーダー約300台、TV約12,000台など

エンタープライズ ハードウェア

パナソニック・オリンピックスポンサーサイト
  • パナソニック・オリンピックスポンサーサイト
  • 会場へ納入予定のAV機器
  • 会場へ納入予定の放送機器
 パナソニックは30日、オリンピックのTOPスポンサーとして、2012年7月にイギリス・ロンドンで開催される第30回オリンピック競技大会に、過去最大規模の機器を納入することを発表した。

 ロンドンオリンピックは、国際放送センター(IBC)から各国放送局に配信される国際映像信号がHD規格で制作されることに加え、開閉会式や各競技会場内の大型画面にもHD映像信号が配信される。パナソニックは、ロンドンオリンピック放送機構(OBSL)に最新式一体型二眼式3Dカメラレコーダー(AG-3DP1)等、3D機器・技術を提供し、大会初の3Dオリンピックをサポートするとしている。また、すでに大会映像記録フォーマットとして採用されている同社のDVCPRO HD規格に加え、より高画質・高品質で映像を記録できるAVC-Intra規格でのファイルベースワークフローも新たに使用されることが決定している。同社の放送機器が記録フォーマットに選ばれるのは、1992年バルセロナ大会以降、ロンドンが10大会目となる。

 パナソニックでは、国際放送センターに放送用半導体メモリ・ニュース取材システム「P2HD」シリーズなど多数の放送機器を納入。オリンピックパークで開催される開会式には、世界最小・最軽量20,000lmプロジェクター「PT-DZ21K」「PT-DS20K」を設置する。さらに、各競技場では過去最大の面数および面積のLED大型映像装置を納入。屋内競技会場では、103v型プラズマディスプレイがオリンピックで初めて競技会場の観客用映像ディスプレイとして採用されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top