700MHz帯の割り当て、ソフトバンクは申請せず……ドコモとKDDI、イー・アクセスの3者が申請 | RBB TODAY

700MHz帯の割り当て、ソフトバンクは申請せず……ドコモとKDDI、イー・アクセスの3者が申請

 総務省は28日、3.9世代移動通信システム普及のための特定基地局(773MHzを超え、803MHz以下の周波数を使用する特定基地局)の開設計画認定について、3件の申請があったと発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
総務省の発表
  • 総務省の発表
  • イー・アクセスが示す700MHz帯の活用戦略
  • 総務省が発表している、700MHz帯開設指針案の概要
  • 総務省が発表している、700MHz帯開設指針案の概要(審査方法)
 総務省は28日、3.9世代移動通信システム普及のための特定基地局(773MHzを超え、803MHz以下の周波数を使用する特定基地局)の開設計画認定について、3件の申請があったと発表した。

 申請者は、イー・アクセス、NTTドコモ、KDDI/沖縄セルラーの3者。総務省は、今後、受け付けた申請について審査を行い、電波監理審議会への諮問・答申を経て、開設計画の認定を行う予定としている。

 700MHz帯の割り当て実施については、3者に対して割り当てることと、審査に関して、前回900MHz帯を割り当てられたソフトバンクモバイル以外が優先されることが発表されており、イー・アクセスのエリック・ガン社長は先の決算発表会で、「まず間違いなく割当てられるだろう」とコメントしていた。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top