ひろゆき氏が反論「警察から送られた削除依頼は2通のみ」 | RBB TODAY

ひろゆき氏が反論「警察から送られた削除依頼は2通のみ」

エンタメ その他

[ASKS? - 教えて君コミュニティー] > ひろゆき@オープンSNS
  • [ASKS? - 教えて君コミュニティー] > ひろゆき@オープンSNS
  • エントリー全文
ネット掲示板「2ちゃんねる」が警察側から送られた5000件以上の削除要請を放置していたと報じられた問題で、2ちゃんねる創設者で元管理人のひろゆき(西村博之)氏がブログで反論を展開した。

警察庁が今月行った発表によると、昨年1年間に警察当局が2ちゃんねるに削除を要請したわいせつ画像や薬物売買などの違法情報は過去最悪の5223件。このうち、97%にあたる5068件が削除要請を受けながら放置されていたとされている。

警察庁の発表を受け、各メディアは一斉にこれを報じたが、16日になってひろゆき氏がブログでこの問題に言及。「2ちゃんねるに纏わる昨今の出来事について」と題したエントリーで、「おいらの知ってる事実と、誰かが世間に流したい情報が違うみたいなので、修正してみます」と、報道は事実とは異なると主張した。

「何千件の削除依頼が云々といった報道がありますが」、「おいらが知ってる警察から送られたeメールの削除依頼は2通です。その2通に関する書き込みは、削除済みです」と、警察の削除要請には応じたとしたうえで、その他の削除要請は財団法人インターネット協会が運営するインターネット・ホットラインセンターから送られたものだったことを明かした。また、当該財団法人は違法性を判断する立場にないとも主張している。

メディアについては、5000件以上の削除要請について「警察が送ったと誤読するように記事が書かれていますね」「良識のある報道の方々には、警察庁がどこに何を何通送って、それ以外の団体がどこに何を何通送ったのか?というのを確認してもらうとよいのではないかと思います」との意見がつづられた。
《大木信景》

関連ニュース

特集

page top