NEC、LTEフェムトセル基地局向けに通信速度を最大化する技術を開発 | RBB TODAY

NEC、LTEフェムトセル基地局向けに通信速度を最大化する技術を開発

ブロードバンド テクノロジー

NECのLTEフェムトセル基地局(左:個人向けタイプ、右:企業向けタイプ)
  • NECのLTEフェムトセル基地局(左:個人向けタイプ、右:企業向けタイプ)
 日本電気(NEC)は10日、LTEフェムトセル基地局向けに、電波の送信電力を通信量に応じて最適に制御し、電波干渉を抑える技術を開発したことを発表した。屋内外にかかわらず通信速度を最大化できる見込み。

 フェムト基地局を高密度に設置した場合、屋外の広い範囲をカバーするマクロセル基地局や近くのフェムト基地局の電波と干渉し、フェムト・マクロ両基地局での通信速度が低下することが課題となっていた。今回、新たに、フェムト基地局に接続する端末の通信量、基地局の設置環境に応じて、フェムト基地局や基地局に接続する端末の送信電力を自動的に調整する技術を開発。これにより、マクロ基地局への電波干渉を抑えながら、フェムト基地局を高密度に設置できるようになるとのこと。

 フェムト基地局での通信量が増加した際は電波の送信電力を抑え、マクロ基地局に接続する端末への電波干渉を抑えて通信速度の低下を防ぐため、本技術を適用しない場合と比較して3倍の数のフェムト基地局を設置できるという。また、フェムト基地局の通信量が減少した際は送信電力を増加し、本技術を適用しない場合と比べてフェムト基地局内の通信速度を1.2倍向上させる。

 また大量のデータ通信を継続的に行うヘビーユーザーが利用する基地局を特定し、電波の送信電力を低減させ一般ユーザーの基地局の送信電力を増加させる。これらにより、通信速度低下を1/5まで抑え、通信速度を1.3倍向上させることが可能とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top