日立、ビッグデータ分析向けデータ分析「かんたんHadoopソリューション」発売 | RBB TODAY

日立、ビッグデータ分析向けデータ分析「かんたんHadoopソリューション」発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

エントリーブレードサーバ「HA80-bd/BD10」
  • エントリーブレードサーバ「HA80-bd/BD10」
  • 「かんたんHadoopソリューションforログ解析(QlikView & JP1)」の概要
  • 「QlikView」画面イメージ
 日立製作所は7日、ビッグデータ(大量データ)の利活用に向けたデータ分析ソリューションとして、「かんたんHadoopソリューション for ログ解析(QlikView & JP1)」を発表した。9日から販売を開始する。

 日立は、2010年7月に、エントリーブレードサーバ「HA8000-bd」を製品化。多数のサーバブレードを用いた並列処理が行えることから、Hadoopを活用したデータ分散処理システムの基盤として、学術・研究分野を中心に採用実績を重ねてきた。また2012年2月には、「HA8000-bd Hadoop Partnershipプログラム」を発足して、パートナー各社との協業による関連ソリューション強化を図ってきた。

 「かんたんHadoopソリューション」は、Webサイトののアクセスログ(Webログ)解析向けに、高集積のエントリーブレードサーバ「HA8000-bd/BD10」と、効率的なデータの分散処理を実現するHadoop、データの解析・可視化に適したインメモリ型BIプラットフォーム「QlikView」、統合システム運用管理「JP1」といったソフトウェア群を組み合わせて提供する。また、Hadoopのサンプルプログラムを添付して提供するため、標準的な形式の
Webログであれば、機器導入後すぐに解析を開始できる。

 大量データを容易に扱える容量にHadoopで集約処理し、処理したデータを「QlikView」で解析し、多様なグラフで見える化を実現。データ処理のジョブ管理などは「JP1」で行う。価格は税込9,074,100円より。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top