クラウド向けソフト市場、2011年の8.2%から2016年には20.9%まで拡大……IDC予測 | RBB TODAY

クラウド向けソフト市場、2011年の8.2%から2016年には20.9%まで拡大……IDC予測

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

国内クラウドコンピューティング向けソフトウェア市場予測、2011年~2016年
  • 国内クラウドコンピューティング向けソフトウェア市場予測、2011年~2016年
 IDC Japanは16日、国内クラウドコンピューティング向けソフトウェア市場動向を発表した。パブリッククラウドおよびプライベートクラウドで使用されるソフトウェアの売上額規模を算出した。

 アプリケーション市場、アプリケーション開発/デプロイメント市場、システムインフラストラクチャ市場すべてのソフトウェア市場が対象。これによると2011年の国内のパブリッククラウドコンピューティング向けソフトウェア市場は前年比14.4%増の1,179億8,600万円、プライベートクラウドコンピューティング向けソフトウェア市場は31.5%増の581億1,700万円と推定された。

 2011年の国内パブリッククラウドコンピューティング向けソフトウェア市場は、SaaSで先行しているCRMアプリケーションやコラボレーティブアプリケーションが堅調に成長した。さらにIaaS向けのインフラストラクチャソフトウェア売上が高い成長となったことで高成長。2011年~2016年の年平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は19.6%と予測された。

 2011年の国内プライベートクラウドコンピューティング向けソフトウェア市場は、プライベートクラウドの基盤となる仮想化ソフトウェアやOS、システム/ネットワーク管理ソフトウェアが成長をけん引。2011年~2016年の年平均成長率は31.5%、データベースやミドルウェア、アプリケーションもプライベートクラウド向けの出荷が増えていくと予測された。

 2011年の国内ソフトウェア市場全体のなかにおいて、パブリッククラウドコンピューティング向けソフトウェア市場は5.5%、プライベートクラウドコンピューティング向けソフトウェア市場は2.7%の構成比となり、全体の8.2%にとどまった。ただし今後の非クラウド市場の成長はほぼ横ばいで推移、一方クラウド向けは高い成長となることから、2016年にはパブリッククラウド向けが11.5%、プライベートクラウド向けが9.4%に拡大し、両市場を合わせ、20.9%にまでクラウド向けソフトウェア市場が拡大する予測となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top