日立とマイクロソフト、クラウド事業のグローバル強化で提携 | RBB TODAY

日立とマイクロソフト、クラウド事業のグローバル強化で提携

エンタープライズ 企業

両社で実現するハイブリッドクラウドソリューションのビジョン
  • 両社で実現するハイブリッドクラウドソリューションのビジョン
  • 日立のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」紹介サイト
 日立製作所と日本マイクロソフトは13日、グローバル事業を展開するユーザー向けとなるクラウドソリューションの提供に向け、提携したことを発表した。

 このソリューションでは、日立のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」とマイクロソフトのパブリッククラウドサービス「Microsoft Windows Azure Platform」を連携させることで、グローバル対応の強化と幅広顧客ニーズへの対応を目指したものとなっている。両社のクラウドが連携することで、事業をグローバル展開しているユーザーに対して、既存IT資産の有効活用や安全・安心なクラウド間連携ができるのがメリットとのこと。

 日立は、コンサルティング、システムインテグレーションサービス、高品質・高信頼なクラウドサービスに加えて、データセンター連携の技術としてWAN高速化技術、統合運用管理技術等を提供する。またマイクロソフトは、「Windows Azure Platform」の最新技術や統合運用に必要な情報や技術、そしてマイクロソフトの世界各地域のデータセンターとの連携技術を提供する。さらに今回の提携では、グローバルでのサポートを両社が連携して提供する。海外拠点の近くにサポート窓口を設ける。

 重要な業務データは、日立の国内データセンターに保管。日立のWAN高速化装置「日立WANアクセラレータ」により高速な通信を実現しており、マイクロソフトのWindows Azure Platformの安全なWAN接続機能「Azure Connect」の利用により、両社のクラウド間連携における安全な情報連携が可能とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top