コアマイクロシステムズ、拠点間DRとクラウドへのDRを同時に実現する「Ever SAFE」を発表 | RBB TODAY

コアマイクロシステムズ、拠点間DRとクラウドへのDRを同時に実現する「Ever SAFE」を発表

エンタープライズ その他

コアマイクロシステムズ
  • コアマイクロシステムズ
  • ニュースリリース
 コアマイクロシステムズは拠点間DR(災害復旧)とクラウドへのDRの両方を実現する次世代総合バックアップ&DRソリューションストレージ「Ever SAFE」を発表した。

 東日本大震災後、災害復旧に対する意識の高まりからバックアップおよびDRソリューションが注目を集めている。「Ever SAFE」はほとんどのOSとアプリケーションに対応し、リアルタイムなデータ圧縮技術や重複排除技術を適用するなどの機能を搭載。確実なBCP対策を低価格で実現する。

 その他の主な特徴として、CDPバックアッププラグイン、リモート/ブランチオフィス統合、主要拠点間高速レプリケーション、クラウドストレージバックアップなどがある。PCクライアントはWindows、Mac、Linuxに対応。サーバーOSはWindows、Linux、Solaris、VMwareに対応している。

ラインアップはシングル公正スケーラブル・タイプとHAクラスタ構成スケーラブル・タイプがあり、価格はオープン。5月1日の発売となっている。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top