従業員のSNS利用に対し、企業は教育、ポリシー、ツールによる対応が重要(マカフィー) | RBB TODAY

従業員のSNS利用に対し、企業は教育、ポリシー、ツールによる対応が重要(マカフィー)

ブロードバンド 回線・サービス

マカフィー株式会社は4月11日、「企業のセキュリティベストプラクティス」としてソーシャルメディアをブログで取り上げている。FacebookやTwitter、LinkedInをはじめとするソーシャルメディアは、21世紀の企業にとってコラボレーションやマーケティングの上で有益なツールであるが、同時にさまざまなセキュリティ上の危険要因をもたらすとしている。例として、機密情報の漏えい、会社の信用の失墜、マルウェア、またハッカーにソーシャルエンジニアリングの機会を与えたり、従業員による不適切な使用に起因して訴訟が起こるケースなどを挙げている。

ブログではベストプラクティスとして、ソーシャルメディアの危険性に関する従業員の教育が非常に重要としている。従業員のソーシャルメディア利用は、会社の信用失墜とデータ漏えいに直結する危険性があり、投稿した内容が長期間、場合によっては永久に残ることも認識する必要がある。また企業は、一般的なWebやソーシャルメディアの使用について、詳細な利用規定を記したポリシーを確立しておく必要がある。さらに、ソーシャルメディアの使用をモニタ、管理するためのツールも重要であるが、教育やポリシーの代わりになるものではないとしている。
《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top