KDDI、au携帯電話のデータ通信混雑を緩和する「EV-DO Advanced」導入 | RBB TODAY

KDDI、au携帯電話のデータ通信混雑を緩和する「EV-DO Advanced」導入

エンタープライズ モバイルBIZ

「EV-DO Advanced」のイメージ
  • 「EV-DO Advanced」のイメージ
 KDDIと沖縄セルラーは5日、au携帯電話のデータ通信における無線基地局の混雑を緩和する技術「EV-DO Advanced」を導入することを発表した。4月10日より導入を開始し、6月末までに全国へ展開する。

 「EV-DO Advanced」は、ネットワークが局所的に混雑しているときに、周辺の基地局と負荷を分散して混雑を回避する技術。無線基地局の混雑度合いをリアルタイムに監視し、混雑している無線基地局配下の携帯電話を、混雑していない近隣の無線基地局に接続させる。これにより、実効通信速度を向上させることが可能なため、従来と比べて、約1.5倍のデータトラヒックが収容可能になるとともに、混雑する場所では実効通信速度が平均2倍に向上する見込みだ。

 対応機種は、CDMA 1X WIN対応の携帯電話、および全種類のauスマートフォン。ちなみに「EV-DO」(Evolution Data Only)技術には、改訂版となるRev. A、Rev. Bなども存在する。KDDIでは昨年よりEV-DO Advancedの導入を公表していた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top