ソニー、空間光学手ブレ補正・プロジェクターを搭載したビデオカメラ「NXCAM」 | RBB TODAY

ソニー、空間光学手ブレ補正・プロジェクターを搭載したビデオカメラ「NXCAM」

IT・デジタル フォトレポート

「HXR-NX30J」
  • 「HXR-NX30J」
  • 「HXR-NX30J」正面
  • 「HXR-NX30J」右側面
  • 「HXR-NX30J」左側面
  • 「HXR-NX30J」背面
  • 「HXR-NX30J」斜め
  • 空間光学手ブレ補正機能のイメージ
 ソニーは、プロ向けデジタルビデオカメラ「NXCAM」シリーズとしては初めて「空間光学手ブレ補正機能」を搭載した「HXR-NX30J」を発表した。販売開始は6月7日。希望小売価格は220,500円。

 「空間光学手ブレ補正機能」は広角端から望遠端まで強力な手ブレ補正が可能。歩きながらでも安定した撮影ができる機動性の高さをうたっている。

 また、「空間光学手ブレ補正機能」の能力を最大限に活用する「FIXED SHOTモード」を搭載。レンズユニットの可動範囲を最大限に拡げ、手ブレ補正効果を最優先にした撮影することができる。

 プロ向けデジタルビデオカメラとしては初めて、本体に最大100型までの投影が可能なプロジェクターを内蔵し、撮影した映像をその場で映して確認することができる(2012年4月 同社調べ)。

 総画素数は約665万画素で、1/2.88型 "Exmor R"CMOSセンサーを搭載。レンズには、不要な反射を抑え、忠実な色彩表現を可能とする「バリオゾナーT*レンズ」を採用している。

 おもな仕様として、解像度1,920×480ピクセルの3型液晶ディスプレイを搭載。有効画素数は動画・静止画共通で、16:9では約614万画素、4:3では約460万画素。記録形式は、HD画質ではAVCHD規格Ver 2.0準拠、SD画質ではMPEG-2 PS。圧縮方式はMPEG-4 AVC/H.264。音声はDolby Digital(2ch)、LPCM(2ch)。

 インターフェースはHDMIミニ/USB/mini USB/3.5mmステレオミニ/カードスロットなど。本体サイズは幅135.5×高さ181.5×奥行き310.5mm、重さは約1.1g(付属フード/バッテリ/マイク/XLRアダプタを含む)。

《丸田》

関連ニュース

特集

page top