パナソニック、事業拡大に向け「クラウド・サービス事業センター」を新設 | RBB TODAY

パナソニック、事業拡大に向け「クラウド・サービス事業センター」を新設

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

新組織のミッション
  • 新組織のミッション
  • センターの主な機能
 パナソニック システムソリューションズ ジャパンは30日、パナソニックのビジネス向けクラウドサービスの事業拡大と運用サービス事業の高度化・多様化ニーズに対応するために「クラウド・サービス事業センター」を4月1日に開設することを発表した。

 同社は昨年来、サービスメニューの体系化や専用ホームページの設置などを行ってきたが、あらためて事業センターを新設する。センターは120名体制で、「クラウド・サービス事業センター」は、「プロモーション・SLA管理機能」「営業機能」「サービス企画・開発機能」「サービス構築・提供機能」「システム検証機能」で構成される。

 これにより、サービスの各種プロモーション、SLA(共有資源)管理、新規ユーザー開拓、新規サービスの企画及び開発、24時間・365日の遠隔リモート運用支援やユーザー別システム・サービス構築、さらには、各種端末やシステム・ネットワークの検証機能を持つものになるという。5月からは、ソリューションスクエア新横浜に集結し、本格的な活動を開始する。

 今後は、Androidタブレット端末「BizPad」やスマートフォンをネットワークカメラ、遠隔会議システム、デジタルサイネージ、電子黒板、POS端末など、パナソニック製品と連動したクラウドサービスメニューの充実と、ユーザーとの接点拡大を目指したポータルサイトの強化を目指すとともに、業務用コンポーネント・デバイスとの組み合わせによる特長あるサービスメニューの充実、デバイス、ネットワーク、システムの品質検証機能を強化し、ユーザーのICTプラットフォーム環境の安全性を総合的に確保するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top