KDDI「auスマートバリュー」、イッツコムと横浜ケーブルビジョンが追加 | RBB TODAY

KDDI「auスマートバリュー」、イッツコムと横浜ケーブルビジョンが追加

ブロードバンド 回線・サービス

「auスマートバリュー」の概要
  • 「auスマートバリュー」の概要
  • 対象の固定通信サービス
 KDDIは15日、「auスマートバリュー」の対象となるCATV事業者に、「イッツ・コミュニケーションズ」と「横浜ケーブルビジョン」の2社を追加することを発表した。3月22日より対象となる。

 「auスマートバリュー」は、auスマートフォンと指定の固定通信サービスを契約すると、auスマートフォンの毎月の利用料金から最大2年間1,480円(税込)が割り引かれるもの。

 今回の2社の参加により、総計約131万世帯のユーザーが、「auスマートバリュー」を利用可能になっているという。なお、「auスマートバリュー」を取り扱う提携事業者は、FTTHが4社、CATVが43社118局で、全国で47社になるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top