iPhone 4S・4で使用できる魚眼・広角・光学12倍望遠レンズなど3製品 | RBB TODAY

iPhone 4S・4で使用できる魚眼・広角・光学12倍望遠レンズなど3製品

IT・デジタル フォトレポート

「12倍望遠レンズ for iPhone 4S/4」
  • 「12倍望遠レンズ for iPhone 4S/4」
  • 三脚に取り付けたイメージ
  • 三脚に取り付けたイメージ背面
  • 「広角/マクロレンズ for iPhone 4」
  • 「広角/マクロレンズ for iPhone 4」の装着イメージ
  • 「魚眼レンズ for iPhone 4」
  • 「魚眼レンズ for iPhone 4」の装着イメージ
  • 付属ケースのレンズ装着部分
 サンコーは、iPhone用コンバージョンレンズキットとして、「12倍望遠レンズ for iPhone 4S/4」(型番:ZOREFIP4)「広角/マクロレンズ for iPhone 4」(型番:IPW3FIP4)「魚眼レンズ for iPhone 4」(型番:FIREFIP4)の3機種の販売を開始した。

 同社直販サイト価格は、「12倍望遠レンズ for iPhone 4S/4」が2,480円、「広角/マクロレンズ for iPhone 4」が1,480円、「魚眼レンズ for iPhone 4」が1,980円、「魚眼、広角、望遠レンズ3個セット」が4,980円。

 今回発表のレンズキットは、レンズを取り付けられるiPhone用カバーとレンズのセット。「12倍望遠レンズ」はiPhone 4S/4用カバー、「広角/マクロレンズ」と「魚眼レンズ」にはiPhone 4用カバーがセットとなっている。「魚眼、広角、望遠レンズ3個セット」を購入した場合は、「12倍望遠レンズ」と「広角/マクロレンズ」、「魚眼レンズ」をケースに付け替えることによりiPhone 4で多彩な撮影が可能だが、iPhone 4Sには「12倍望遠レンズ」のみが対応。「広角/マクロレンズ」と「魚眼レンズ」はiPhone 4Sには非対応となる。

 「12倍望遠レンズ for iPhone 4S/4」は、光学12倍ズームができる望遠レンズ。画角は12度で、最短焦点距離は3m。ズームは本体のフォーカスリングを使用して行なう。また、レンズに取り付け可能な専用の三脚と三脚用ホルダー、専用ポーチ、クリーナークロスを付属する。本体サイズは直径31×高さ97mm、重さは113g。

 「広角/マクロレンズ for iPhone 4」は、広角0.68倍で、最短焦点距離が40mmの広角レンズと、最短焦点距離15mmで4倍率の接写が可能なマクロレンズが一体型になったレンズ。広角レンズを回して取り外すことで、マクロレンズが使用できるとする。本体サイズは直径22×高さ10mm、重さは5g。

 「魚眼レンズ for iPhone 4」は、0.28倍率で最短焦点距離は40mm。水面下から水面上を見上げたように、被写体を球面状に撮影することが可能。本体サイズは直径26×高さ15mm、重さは13g。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top