NECとセブン-イレブン、コンビニ電力見える化用「インテリジェント分電盤」を開発 | RBB TODAY

NECとセブン-イレブン、コンビニ電力見える化用「インテリジェント分電盤」を開発

エンタープライズ ハードウェア

インテリジェント分電盤・内部
  • インテリジェント分電盤・内部
  • インテリジェント分電盤・内扉外観(外扉オープン)
 日本電気(NEC)とセブン-イレブン・ジャパンは6日、コンビニエンスストア等の店舗の“電力見える化”に最適な「インテリジェント分電盤」を共同開発したことを発表した。

 この分電盤は、最大誤差3%以内の高精度で電力量を計測できる「スマートコントローラ」を内蔵し、空調、冷凍室外機、調理器等各種設備の電力量をリアルタイムに計測し、見える化できるもの。店舗内に設置したサーバや各種設備とのデータ通信インターフェイスを搭載しており、収集した電力データに基づいて省エネ対策を立案することが可能となっている。すでにセブン-イレブンの一部店舗へ試験導入済みで、今春以降、順次全国の新店へ導入される計画とのこと。

 NECとセブン-イレブンはこれまで、店舗の電力使用量の見える化による業務の改善等について共同で実証実験等を行っていた。今後、NECは、今回開発したインテリジェント分電盤をベースに製品化を行い、コンビニエンスストアだけでなく、一般企業やデータセンター事業者等にも幅広く拡販をしていく予定。一方、セブン-イレブン・ジャパンは、今後太陽光発電システム等を備えた環境配慮型店舗などを拡大していく。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top