【MWC 2012(Vol.31)】Mozillaが「Open Web Device」発表!……オープンソースのモバイル端末プラットフォーム | RBB TODAY

【MWC 2012(Vol.31)】Mozillaが「Open Web Device」発表!……オープンソースのモバイル端末プラットフォーム

 米Mozillaは27日(現地時間)、バルセロナで開催中のMobile World Congress 2012(MWC 2012)で、HTML 5ベースのモバイルプラットフォーム「Open Web Device(OWD)」を発表した。オープンソースで開発され、年内に端末が登場するという。

IT・デジタル スマートフォン
MozillaのWebサイト
  • MozillaのWebサイト
  • 開発に協力するQualcommのウェブサイト
 米Mozillaは27日(現地時間)、バルセロナで開催中のMobile World Congress 2012(MWC 2012)で、HTML 5ベースのモバイルプラットフォーム「Open Web Device(OWD)」を発表した。オープンソースで開発され、年内に端末が登場するという。

 このプラットフォームはMozillaの「Boot to Gecko(B2G)」を元にオープンソースで開発される。開発の管理や対応アプリのStoreでの取り扱いはMozillaが行う。

 OWDの開発にはモバイルチップベンダーの米Qualcomm が協力するほか、米アドビ・システムズ、米Facebookも参加するという。また、携帯電話のキャリアであるスペインのTelefonica、ドイツのDeutsche Telekomがサポートする。

 OWDはオープンソースでしかもHTML 5をベースにしているため、低価格なスマートフォンを開発することができる。これは南米やアジアなど新興市場で有利と見られる。また、HTML 5対応アプリはOWDだけでなくiOSやAndroidでも動作する。そのためすでに豊富なアプリがあるiOS、Androidに短時間で追いつける可能性がある。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top