KDDI、組み込み用通信モジュールの新モデル発売……監視・操作サービスも提供 | RBB TODAY

KDDI、組み込み用通信モジュールの新モデル発売……監視・操作サービスも提供

 KDDIは9日、法人向けにとなるKDDI通信モジュールの新モデル「WM-M300」および「WM-M320」を発表した。2月21日より販売を開始する。あわせて、モジュールを遠隔で監視・操作可能な運用支援サービス「KDDIモジュールリモート管理サービス」も提供開始する。

エンタープライズ モバイルBIZ
新モデルの仕様
  • 新モデルの仕様
  • 「KDDIモジュールリモート管理サービス (KDDI MRMS)」の機能
  • 製品FW更新機能のイメージ
 KDDIは9日、法人向けにとなるKDDI通信モジュールの新モデル「WM-M300」および「WM-M320」を発表した。2月21日より販売を開始する。あわせて、モジュールを遠隔で監視・操作可能な運用支援サービス「KDDIモジュールリモート管理サービス」(KDDI MRMS)も提供開始する。

 「KDDI通信モジュール」は、産業機械や車載機器などのさまざまな製品に組み込むことで製品の稼働状況の確認や監視、遠隔操作が可能な製品。新モデルは、従来の機能に加え、「KDDI MRMS(KDDI Module Remote Management Service)」に対応することで、ネットワーク経由で通信モジュール自体の受信電波状況の確認や搭載機能のON/OFFを可能とした。

 KDDI MRMSでは、遠隔監視機(通信モジュールの受信電波状況をネットワーク経由で確認可能)と遠隔操作機能(通信モジュールの設定内容確認・変更をネットワーク経由で実現)を提供。料金は、月額基本料が10,500円/ID、SMS配信利用料が1,050円からとなる。

 さらに今回、KDDI通信モジュールを活用して事業を展開する企業向けに、開発・営業・運用面を総合的に支援する会員制サポートプログラム「KDDIモジュールソリューションサポートプログラム」 (KDDI MSLS:KDDI Module SoLution Support program)もスタートさせる。技術情報の提供、試験環境の提供、TELEC等の認証取得代行などの「開発サポート」、KDDIサイトへの製品掲載、KDDI通信モジュールのロゴマーク提供等の「営業サポート」のほか、製品のファームウェアを遠隔で更新できる「製品FW更新機能」などのメニューを「運用サポート 」で提供する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top