KDDI、ARアプリケーションコンテスト「第1回察知人間コンテスト」開催 | RBB TODAY

KDDI、ARアプリケーションコンテスト「第1回察知人間コンテスト」開催

エンタープライズ モバイルBIZ

「第1回 察知人間コンテスト」サイト(画像)
  • 「第1回 察知人間コンテスト」サイト(画像)
  • 「SATCH SDK」サイト(画像)
  • 「SATCH SDK」サイトでは、さまざまな機能が動画でも紹介されている
 KDDIは7日、技術評論社と共同でARアプリケーションコンテスト「第1回察知人間コンテスト~SATCHを制するもの、ARを制する~」を開催することを発表した。同日より参加募集を開始している。

 このコンテストは、KDDIが提供するオープンなAR開発環境「SATCH SDK」を利用して制作されたARアプリケーションを募集するもの。「未来を感じさせる、人の役に立つ、楽しめる、世の中の社会問題を解決するようなアイデアが含まれたARアプリケーション」がテーマとのことで、エンジニア・クリエイターを中心に誰でも応募可能。グランプリ作品には100万円、準グランプリには30万円(1作品)、特別賞には10万円(2作品)の賞金が授与される。

 参加は専用申し込みページより応募可能。応募期間は3月31日まで。4月中旬(予定)に1次選考通過作品を決定し、5月中旬に完成版のアプリケーション提出およびプレゼンテーションを経て最終審査、グランプリ決定となる。

※[訂正]初出時より発表内容の変更があったため、より正確を期すため、記述・図版を最新のものに差し替えました。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top