2012年の日本移動体通信市場10大トピックス……ROA調査 | RBB TODAY

2012年の日本移動体通信市場10大トピックス……ROA調査

エンタープライズ モバイルBIZ
『2012年日本移動体通信市場の予測(2012年の10大トピック分析)~キャリアとサードパーティ間の熾烈な争い~』
  • 『2012年日本移動体通信市場の予測(2012年の10大トピック分析)~キャリアとサードパーティ間の熾烈な争い~』
  • 2012年の国内スマートフォンOSシェアの変化
 アジアICT業界のリサーチ・コンサルティングを手掛けるROA Holdingsは24日、『2012年日本移動体通信市場の予測(2012年の10大トピック分析)~キャリアとサードパーティ間の熾烈な争い~』と題した調査報告書を発表した。

 2012年の日本移動体通信市場に関する10大トピックを選定し、分析すると同時に、市場を予測したもの。それによると、スマートフォンのOSに関しては、Androidが継続的にシェアを拡大し続ける一方、2012年はWindows 8 OSのローンチにより、Bizユーザーを中心にMSの巻き返しがはじまるとしている。このためキャリアもCS戦略の多方位が必要になるという。また、スマホやテザリングサービスの普及に伴うネットワークキャパシティの逼迫を受けて、キャリアは従量課金制への移行とオフロード戦略の拡充が不可欠となるとも分析している。

 同レポートの主なトピックスは以下の通り

1. OS戦争は集結したのか
2. NFCはFeliCaのエコシステムを変えられるか
3. 音声認識は新しいUIとして受け入れられるか
4. CPがスマホで生き残るには
5. HTML5浸透の影響は
6. 定額制は今後も続くのか
7. モバイルクラウドはLTEで開花するか
8. セキュリティはキャリアを救うか
9. キャリアは今後も垂直統合を維持できるか
10. スマートシティがもたらす可能性は

 なお、今回は10大トピック分析が全て含まれた本文を無料で公開している。
※URL:http://japan.roaholdings.com/report/report_name.html?type=&num=296
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top