「教科書の再発明」……アップル、iBooks 2をリリース、制作アプリiBooks Authorは無償で提供! | RBB TODAY

「教科書の再発明」……アップル、iBooks 2をリリース、制作アプリiBooks Authorは無償で提供!

IT・デジタル MAC

すでにダウンロード可能な状態になっているiBooks 2
  • すでにダウンロード可能な状態になっているiBooks 2
  • iBooks 2向けのデジタル教科書をMac上で制作できるiBooks Author
  • iBooks 2向けのデジタル教科書をMac上で制作できるiBooks Author
  • ムービーの他、iWorksで作成したファイルをドラッグ&ドロップで埋め込むことができる
  • ムービーの他、iWorksで作成したファイルをドラッグ&ドロップで埋め込むことができる
  • インターフェースはKeynoteに似た印象だ
  • iBooks AuthorはMac App Storeでダウンロードできる
 米アップルは19日(現地時間)、ニューヨークでプレスイベントを行い、iPad向けのアプリとして「iBooks 2.0」を発表するとともに、「Pages」や「Keynote」などのビジネス用アプリケーションと連携して電子書籍を制作できるMac向けアプリ「iBooks Author」を無償で提供することを明らかにした。

 iBooks 2.0はiTunes Storeで、またiBooks AuthorはMac App Storeすでにダウンロード可能。また、iTunes Uについてはビデオ、書類、アプリを完全に教科課程として配信することができる。シラバス(講義の概要)なども任意に配信できるようになるという。iTunes Uは大学以外の高校・中学・小学校向けの配信に対応する。iTunes Uアプリは無償で提供される。

 上述のように、制作については無償のiBooks Authorで可能なため、教員が制作した資料は、学生がiPadさえ持っていればさまざまな場面で活用できるようになる。グラフィックスやムービーなども容易に埋め込むことができ、誰でも短時間で教材の制作が可能だ。

 アップルのフィル・シラー プロダクトマーケティング担当上級副社長は、プレゼンテーションで、「われわれは教科書を再発明(Reinventing Textbooks)するとともに、カリキュラムについても(iTunes Uで)再発明した」と説明。また、iBooks向けに高校用教科書については14.99ドルで販売することも明らかにし、数社の出版社パートナーとすでに協業の合意を取り付けていることも発表した。
《北島友和》

関連ニュース

特集

page top